やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

2,640円(税込)
品切れ

フードシステムの経済学 第4版

発行時参考価格 2,400円
  • 総頁数:210頁 / 2色
  • 判型:A5判
  • 発行年月:2008年12月
  • ISBN978-4-263-70562-9
  • 注文コード:705620

データを刷新!時代にマッチした最新版テキスト!

内容紹介

●消費者の食品の安全性への関心の高まりなど,フードシステムを取りまく情勢の変化に伴い,日本人の食生活はどのような問題を抱え,今後はどのような方向へ進んでいくのか.消費者の食品消費行動に視点をおきまとめた.
●データを刷新し,「国勢調査」など5年ごとに行われる基本統計をはじめ,最新の情報を掲載.「食品安全」と「食の乱れ」に対する関心が急激な高まりを見せる中,食の専門家として,押さえておきたい必須知識を網羅した一冊.
●近年話題になっている,世界穀物価格の急激な上昇による「食料危機」に焦点を当て,新たに第9章へ「穀物をめぐる最近の問題」としてピックアップし,GMO(遺伝子操作体)やバイオエタノールなどを説明.

目次

Introduction フードシステム
Chapte.1 食料経済の理論
Chapte.2 食生活の成熟
Chapte.3 食料消費パターンの変化
Chapte.4 家族の変化と食生活
Chapte.5 食料の安全保障と自給率
Chapte.6 食品工業の構造
Chapte.7 食品流通業の革新
Chapte.8 外食・中食の成長
Chapte.9 世界の人口と食料
Chapte.10 食生活と政府の役割

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者】
時子山ひろみ【とこやまひろみ】
 1941年 愛媛県に生まれる
 1964年 東京大学経済学部経済学科卒業
 現 在 日本女子大学家政学部教授
 主な著書 「食品工業の産業組織」(共著)『アグリビジネスの産業組織』東京大学出版会所収1995 『フードシステムの経済分析』日本評論社1999 『世界の食糧問題とフードシステム』(共著)放送大学教育振興会2003
荏開津典生【えがいつふみお】
 1935年 岐阜県に生まれる
 1959年 東京大学農学部農業経済学科卒業
 現 在 東京大学名誉教授
 主な著書 『「飢餓」と「飽食」』講談社1994 『明快ミクロ経済学』日本評論社2000 『明快マクロ経済学』日本評論社2003 『農業経済学』第3版岩波書店2008

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

時子山ひろみ荏開津典生 著