やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

2,200円(税込)
品切れ

フードシステムの経済学 第2版

発行時参考価格 2,000円
  • 総頁数:196頁
  • 判型:A5判
  • 発行年月:2000年11月
  • ISBN978-4-263-70252-9
  • 注文コード:702520

内容紹介

巨大な産業となったフードシステムのもとで,日本人の食生活はどのような問題を抱え,今後どのような方向へ進んでいくのだろうか.著者永年にわたる共同研究をもとに,新しい考え方と最新情報により読みやすい文章で書き下ろされた,体系的なテキストブック.

目次

はじめに iii
序章 フードシステム……1
1章 食料経済の理論……15
2章 食生活の成熟……31
3章 食料消費パターンの変化……47
4章 家族の変化と食生活……63
5章 食料の安全保障と自給率……83
6章 食品工業の役割……99
7章 食品流通業の役割……115
8章 外食産業の役割……131
9章 世界の人口と食料……147
10章 食生活と政府の役割……163
参考文献……181
索引……183

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著 者】
時子山ひろみ
 1941年 愛媛県に生まれる
 1964年 東京大学経済学部経済学科卒業
 現 在 日本女子大学家政学部教授
 主な著書 「食品工業の産業組織」(共著)『アグリビジネスの産業組織』東京大学出版会所収 1995
 『フードシステムの経済分析』日本評論社 1999
荏開津典生
 1935年 岐阜県に生まれる
 1959年 東京大学農学部農業経済学科卒業
 現 在 千葉経済大学教授・東京大学名誉教授
 主な著書 『「飢餓」と「飽食」』講談社 1994
 『農業経済学』岩波書店 1997

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

時子山ひろみ荏開津典生 著