やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

5,500円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

エビデンス習得のための
統計リテラシー
歯科医師のための医療統計学

定価 5,500円(本体 5,000円+税10%)
  • 総頁数:144頁 / カラー
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2020年7月
  • ISBN978-4-263-46162-4
  • 注文コード:461620

コロナ禍を経験した今だからこそ、医療統計学をUPDATEしよう
医療統計学の “基本のキ”を,楽しく明解に解説した一冊! 

内容紹介

●統計学的裏付けがあることをエビデンスという.
エビデンスという裏付けがある臨床をEBMという.
だから,EBM 実践者で統計学音痴はいない! 
●統計学の “基礎” を知ると,「臨床データの見方」「論文のポイント」が驚くほどよくわかる!

「序」より
2020 年ほど,検査の陽性,陰性に関心が集まった年はない.そう,新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴って,PCR 検査の結果に一喜一憂していた年である.
検査結果には常に偽物(偽陰性,偽陽性)が混入し,真実はデマやフェイクニュースで歪められる.何を信じればいいのかわからない国民は,専門家にエビデンスを求める.
もちろん,国民は「専門家の意見」が最もエビデンスレベルが低い,ということを知る由もない.
こんな最中に本書が上梓されるのは偶然ではないだろう.

本書のパンフレットはこちら(PDFファイル 約3.19MB)

目次

Chapter 1 事実はエラーをまとう
Chapter 2 正規と非正規
Chapter 3 真実はいずこに?
Chapter 4 p値って?
Chapter 5 有意差をめぐって
Chapter 6 いろんな検定てんこ盛り
Chapter 7 リスクとオッズの魔法使い
Chapter 8 検査の統計学 Part 1
Chapter 9 検査の統計学 Part 2
Chapter 10 “差“から“関係”へ
Chapter 11 論文の著者と読者
Chapter 12 研究スタイルとEBM
Chapter 13 二次研究という理論武装

書評

本書の書評をご覧いただけます!

書評:内藤 徹 先生 (『歯界展望』2020年11月号掲載 PDFファイル:約886KB)

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者略歴】
山本浩正【やまもとひろまさ】
1960年 和歌山県に生まれる
1985年 大阪大学歯学部卒業後,O-N Dental Clinic(現 貴和会歯科診療所)に勤務
1987年 Institute for Advanced Dental Studiesにて研修
1989年 米国歯周病学会会員,JIADS常任講師(2003年退任)
1994年 山本歯科開設
1998年〜2002年 大阪大学大学院歯学研究科口腔分子免疫制御学講座
2006年〜PEC(Postgraduate Education Course)主宰
2007年 新潟大学歯学部非常勤講師
2009年〜2016年 大阪大学歯学部招聘教員

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

山本浩正 著

関連領域からさがす