やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

6,480円(税込)
品切れ

歯根破折
臨床的対応

発行時参考価格 6,000円
  • 総頁数:140頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:1994年12月
  • ISBN978-4-263-45270-7
  • 注文コード:452700

内容紹介

歯根破折について,原因,診断,対処はもとより,接着性レジンの活用による予防についても述べている.各章末には臨床例(全24症例)を提示し,章内容の考察を深めるとともに,臨床的対応の実際を具体的に解説.

目次


補弱の思想……1
1 歯根破折の原因……4
2 歯根破折の分類……13
3 歯根破折のメカニズム……25
4 歯根破折の診断……38
5 補綴と歯根破折……52
6 支台築造と歯根破折……66
7 根管治療と歯根破折……84
8 破折歯の保存……96
9 歯根破折と咬合……107
10 歯根破折の予防……116
あとがき(129)
索引(131)

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者略歴】
飯島国好
 1946年 長野県に生まれる
 1972年 日本歯科大学卒業
 1974年 東京都大田区に開業
 「基礎歯科臨床研究会」創設
 1985年 「東京無名塾」を主宰
 主な著書・論文
 1)Extrusion--残根の挺出.現代の歯科臨床3 根管治療とその周辺(森 克栄編),225〜234,医歯薬出版,1980.
 2)X線による歯髄診断--若年者の患者を中心に.日本歯科評論,488:135〜145,1983.
 3)Biologic Width--歯と歯肉と歯槽骨の相対的関連性.現代の歯科臨床8 歯周治療(森 克栄・石井正敏編),61〜74,医歯薬出版,1985.
 4)下野正基・飯島国好編集:治の病理--ペリオ・エンドの臨床のために.医歯薬出版,1988.〈分担執筆〉
 5)下野正基・飯島国好編集:治の病理〈臨床編〉.第1巻 歯内療法--歯髄保存の限界を求めて.医歯薬出版,1993.〈分担執筆〉
 6)下野正基・飯島国好編集:治の病理〈臨床編〉.第2巻 歯周治療--変容する臨床像への対応.医歯薬出版,1994.〈分担執筆〉

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

飯島国好 著