やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

3,740円(税込)
品切れ

歯科衛生士のための齲蝕予防処置法

発行時参考価格 3,400円
  • 総頁数:200頁 / カラー
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2012年3月
  • ISBN978-4-263-42183-3
  • 注文コード:421830

詳しくて,わかりやすい!
歯科衛生士のための齲蝕予防処置法のテキスト!
歯科衛生士として理解しておくべき「齲蝕予防処置法」の理論から臨床応用までのすべてを網羅!

内容紹介

●近年の歯科臨床では,早期診断に基づいた齲蝕の管理や歯科保健指導のできる歯科衛生士の役割が大きくなっており,歯科衛生士にもよりいっそう専門性が求められています.
●本書では,総説編で齲蝕予防処置の基本的な知識を,実習編ではフッ化物の塗布法や小窩裂溝填塞法などを,集団応用編では,齲蝕予防処置集団応用の考え方や実習について詳しく解説しました.また,コラム等で関連する項目や歯科衛生士にとって重要な内容については別掲しています.
●巻末には,本書で身につけた知識や理論を確認するためのチェックリスト,さらに「齲蝕予防処置」関連で過去に出題された歯科衛生士国家試験問題を用意しました.
●基礎知識の確認や整理に最適,“臨床でも使える”一冊です.

目次

I 総説編
第1章 齲蝕予防処置法序説(中垣晴男)
第2章 齲蝕の知識(中垣晴男)
第3章 歯および唾液とフッ化物応用の知識(中垣晴男)
第4章 齲蝕活動性(リスク)試験(中垣晴男)
第5章 齲蝕抑制効果の評価およびスクリーニング手法(森田一三)
II 実習編
第1章 齲蝕予防処置法のアウトライン
第2章 齲蝕予防処置法の基礎実習(犬飼順子)
第3章 フッ化物溶液歯面塗布法
第4章 フッ化物ゲル(ゼリー)歯面塗布法(佐藤厚子・原山裕子)
第5章 フッ化ジアンミン銀溶液塗布法(高阪利美)
第6章 小窩裂溝填塞法(田村清美・古澤昌子)
第7章 早期齲蝕検出(森田一三)
第8章 齲蝕活動性(リスク)試験
第9章 齲蝕抑制効果評価とスクリーニング指標算出(森田一三)
第10章 齲蝕予防処置法の臨床
III 集団応用編
第1章 齲蝕予防処置集団応用の考え方
第2章 齲蝕予防処置集団応用実習

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【編著者略歴】
中垣晴男【なかがきはるお】
 1970年 愛知学院大学歯学部卒業
 1975年 愛知学院大学歯学部講師
 1980年 愛知学院大学歯学部助教授
 1988年 愛知学院大学歯学部教授
加藤一夫【かとうかずお】
 1981年 愛知学院大学歯学部卒業
 1989年 愛知学院大学歯学部講師
 1998年 愛知学院大学歯学部助教授
 2007年 愛知学院大学歯学部准教授
石飛國子【いしとびくにこ】
 1951年 鳥取県米子保健所勤務
 1952年 日本女子歯科厚生学校卒業
 1959年 大阪歯科大学附属病院勤務
 1968〜2000年 大阪歯科大学附属歯科衛生士学校(現・大阪歯科大学歯科衛生士専門学校)勤務
 2003年 新大阪歯科衛生士専門学校副学校長
高阪利美【こうさかとしみ】
 1974年 愛知学院大学歯科衛生士学院卒業
 1982年 愛知学院短期大学卒業
 1993年 愛知学院大学歯科衛生専門学校教務主任
 2004年 佛教大学社会福祉学科卒業
 2006年 愛知学院大学短期大学部准教授

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

中垣晴男加藤一夫石飛國子高阪利美 編/犬飼順子佐藤厚子谷さつき田村清美南方千恵美仁井谷善恵西村瑠美原山裕子古澤昌子星雅子本多さおり前田尚子村上多惠子森田一三安井真奈美山田小枝子横井葉子 執筆