やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

2,640円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

新版 在宅看護論

定価 2,640円(本体 2,400円+税10%)
  • 総頁数:294頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2009年12月
  • ISBN978-4-263-23532-4
  • 注文コード:235320

新カリ完全対応の最新テキスト

内容紹介

全国の看護教員にアンケートを実施し,その声を反映して誕生した新カリ完全対応の最新テキスト.『在宅看護論 第5版』を改訂改題.在宅看護のイメージを捉えやすいよう導入にマンガを掲載.「問いかけ」を用いて「考えること」を導き,在宅看護が楽しくわかる画期的なテキスト!

本書のパンフレットはこちら(PDFファイル 約1.34MB)

目次

1 なぜ,生活を重視するのか(木下由美子)
2 なぜ,対象者の意思を尊重するのか(松村ちづか)
3 コミュニケーションは臨床看護とどこが変わるのか(白坂誉子)
4 看護アセスメントは臨床看護とどこが変わるのか(上野まり)
5 療養者と家族で療養生活を送るために支援・教育することは何か
6 なぜ社会資源を活用するのか(木村恵子)
7 看護職と連携・協働することは何か(古謝安子)
8 多職種と連携・協働することは何か(古謝安子)
9 訪問看護はどのように作られたか
10 在宅看護管理とは何か,なぜ必要なのか(古橋聡子)
11 訪問看護師の看護の満足感は何か(古橋聡子)
12 在宅看護の教育はどのように変化したか(長江弘子)

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

木下由美子 編著/松村ちづか白坂誉子上野まり野島あけみ有坂すみ江岡田尚子屋かおり鈴木典聡吉川敦子温盛由紀子廣田芳和木村恵子古謝安子廣部すみえ吉岡洋治長江弘子古橋聡子 著

この商品を買った人はこんな商品も買っています