やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

2,640円(税込)
品切れ

疾病の成り立ちと回復の促進 薬理学

発行時参考価格 2,400円
  • 総頁数:280頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2005年1月
  • ISBN978-4-263-23457-0
  • 注文コード:234570

内容紹介

薬理学の理解が深まるよう,疾患別にその疾患で使用される薬物を,薬理作用,作用機序までを含め解説.重点事項は,他の疾患からレファレンスできるよう参照注を配置し,視覚的に理解しやすいよう構成.医療系学生の薬理学テキストとして最適.

この本の書評が「医学のあゆみ」214巻7・8号(2005年8月20日号.医歯薬出版)に掲載されました.PDFファイルでご覧いただけます >> 

目次

■薬理学総論■
第1章 医療における薬物
第2章 生体における薬物の移動
第3章 薬物に影響を与える生体の因子
第4章 ライフサイクルと薬物
第5章 薬物の効く仕組み(薬力学)
第6章 薬物の相互作用・薬物と食物の相互作用
第7章 副作用・中毒
第8章 薬物の保管・管理
第9章 薬物と臨床検査
第10章 サプリメント・ビタミン・輸液
■薬理学各論■
第1章 炎症
第2章 腫瘍
第3章 代謝・内分泌の異常による疾患
第4章 脳・神経の疾患
第5章 精神の疾患
第6章 血液の疾患
第7章 循環器の疾患
第8章 腎臓・泌尿器の疾患
第9章 消化器の疾患
第10章 呼吸器の疾患
第11章 感覚器の疾患

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【編著者略歴】
中嶋敏勝【なかしまとしかつ】
 1966年 奈良県立医科大学医学部卒業
 1982年 奈良県立医科大学薬理学講座助教授
 1983年〜1985年 ニューヨーク州立薬物乱用研究所,
     ニュージャージー州立医科歯科大学医学部薬理学 留学
 1991年 奈良県立医科大学薬理学講座教授
 2004年 畿央大学健康科学部教授
     奈良県立医科大学名誉教授

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

中嶋敏勝 編著/安部陽一喜多大三木村正司久保薫米田和子篠原光子武田弘志辻稔東野英明 著