やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

失語症のホームケア
1,980円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

失語症のホームケア

定価 1,980円(本体 1,800円+税10%)
  • 総頁数:224頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:1999年7月
  • ISBN978-4-263-21926-3
  • 注文コード:219260

内容紹介

失語症に関する医学的解説とリハビリテーションの実際を平易に解説したコンパクトな一冊.失語症の患者さんの家族はもとより,ケアに携わる医師,言語聴覚士,理学療法士,作業療法士,臨床心理士,ケースワーカー,保健師,看護師,介護職などの方々にも必読の内容がまとめられている.

目次

第1部 失語症を理解する
1 患者さんのご病気は何でしょうか?
2 その言語障害は本当に失語症ですか?
3 失語症には,どんな言語症状がありますか?
4 ご家族の失語症はどんなタイプ?
5 言語障害の他にどんな症状がありますか?
6 失語症を理解するために必要な脳の知識
7 脳損傷の状態を調べるための検査
8 失語症は精神病でも認知症でもない
第2部 失語症のリハビリテーション
1 リハビリテーションについて
2 失語症の経過と回復
3 失語症の評価とは
4 言語治療の実際
第3部 失語症のホームケア
1 コミュニケーションの取り方
2 家庭での言語訓練
3 コミュニケーションの場を拡げる
第4部 失語症とともに
1 日々の暮らし
2 仲間づくり
3 公的サービスの利用

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

波多野和夫 はだのかずお
 1950年 神奈川県生まれ
 1975年 京都大学医学部卒業
 1993年 国立精神神経センター精神保健研究所老人精神保健部長
 医学博士.京都大学医学部卒業後,京都第一赤十字病院精神神経科,大阪赤十字病院精神神経科,アーヘン工科大学(ドイツ)医学部神経科,国立京都病院精神科等を経て,現職.専門は神経心理学,神経精神医学.
 「重症失語の症状学―ジャルゴンとその周辺」(金芳堂)1991年,「失語症臨床ハンドブック」(金剛出版)1999年,など著書・翻訳書多数.

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

波多野和夫 編著/天谷智子大窪むつみ塚原佳子三宅裕子毛利春枝 著