やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

6,048円(税込)
品切れ

高齢者の転倒とその対策

眞野行生 編著
発行時参考価格 5,600円
  • 総頁数:280頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:1999年12月
  • ISBN978-4-263-21512-8
  • 注文コード:215120

内容紹介

「厚生労働省長寿科学総合研究 高齢者および高齢障害者の歩行異常と転倒に関する対策」というプロジェクトの研究成果を基本に,この領域の多くの専門家の執筆によってまとめられた,日常の臨床に役立つわかりやすい解説書.

目次

発刊に寄せて…祖父江逸郎
序…上田 敏
はじめに…眞野行生
第1章 高齢者の転倒の特徴
第2章 高齢者の転倒と骨折
第3章 高齢者の転倒への対策
第4章 障害(疾患)別にみる転倒とその対策
付章 高齢者の転倒とその対策 に関する基礎研究―厚生省・長寿科学総合研究より―
(I:1996年度研究より II:1997年度研究より III:1998年度研究より)

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【編者略歴】
眞野行生
 1943年 愛知県に生まれる
 1968年 名古屋大学医学部卒業
 1972年 名古屋大学第一内科医員
 1972年 米国New York University, Institute of Rehabilitation Medicine, Department of Physical Medicine & Rehabilitation.
 1974年 米国Baylor College of Medicine, Department of Neurology.
 1975年 米国University of Maryland, Department of Neurology, School of Medicine, Neuromuscular Research Unit.
 1978年 国立精神・神経センター疾病研究第4部研究室長
 1981年 奈良県立医科大学神経内科学講座助教授
 現 在 北海道大学医学部リハビリテーション医学講座教授