やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

3,888円(税込)
オンデマンド
オンデマンド万能書店」のみでの販売となるオンライン限定商品です.
ご購入はこちらからお願いいたします.

リハビリテーションスタッフのための 介助犬 まんがマニュアル
自立支援への新たなアプローチ

高柳友子 編著/飯島浩 著
定価 3,888円(本体 3,600円+税8%)
  • 総頁数:202頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2004年6月

オンデマンド版とは

●オンデマンド版は1冊からの受注生産です.ご注文後の作成のため,ご注文をいただいてから2〜3週間程度お時間がかかります.返品はお受けできません.
●本書は刊行当時の原本をスキャニングで忠実に読み取り,オンデマンド印刷機にて印刷・製本したものです.中身は原則として刊行当時のままとなります.また,原本より写真や網かけ部分が粗くなっています.
●オンデマンド版化にあたって,すべてソフトカバーに変更しています.また,一部多色刷りの箇所をモノクロに変更している場合があります.

内容紹介

●2002年10月から施行された身体障害者補助犬法に基づき,介助犬使用希望の受付から介助犬認定後のトレーナーによる継続続指導までの手続きや流れを,簡潔な説明とわかりやすい漫画によりストーリー仕立てで解説.
●介助犬にかかわる専門職(医師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介助犬訓練事業者・獣医師)について,介助犬の使用希望相談から継続指導までの各役割を詳解.
●介助犬同伴の場合の受入れ側の対応策,介助犬の健康管理や衛生管理,アレルギー対策,および介助犬利用におけるリハビリテーション工学技術の応用についても記述.

目次

リハビリテーションスタッフのための介助犬まんがマニュアル 自立支援への新たなるアプローチ
CONTENTS
まえがき
Photo 介助犬と介助動作のいろいろ
第1章 介助犬使用までの流れ 高柳友子
第2章 まんが介助犬とくらすまで 作/高柳友子・まんが/たなかしんこ
第3章 介助犬にかかわる各専門職の役割 高柳友子
第4章 その他の留意点 高柳友子
第5章 介助犬利用におけるリハビリテーション工学技術の応用 飯島 浩・イラスト/飯島里美
付録 調査書式見本
付録 認定申請書式見本
付録 介助犬の訓練基準に関する検討会報告書
付録 介助犬及び聴導犬の認定基準に関する検討会報告書
付録 介助犬訓練事業及び聴導犬訓練事業の開始の届出等について
文献
あとがき

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【監修・著者略歴】
高柳友子【たかやなぎともこ】
 1991年 愛知医科大学医学部卒業
 1991年 沖縄県立中部病院研修医
 1993年 舞鶴市民病院内科医
 1999年 東京医科歯科大学大学院医学部医動物学教室卒業
 2001年 東京医科歯科大学大学院国際環境寄生虫分野非常勤講師
 2002年 横浜市立大学医学部リハビリテーション科医師
 2003年 厚生労働省介助犬訓練者研修カリキュラム検討委員
 2004年 横浜市総合リハビリテーションセンター地域サービス室補助犬担当
 現在に至る
 特定非営利活動法人 日本介助犬アカデミー専務理事
 社会福祉法人全国介助犬協会理事
 著書に『介助犬』(角川書店)2002年,
 『介助犬を知る』(高柳哲也編,名古屋大学出版会)2002年,
 『別冊総合ケア 医療と福祉のための 動物介在療法』(共編,医歯薬出版)2003年など

【著者略歴】
飯島 浩【いいじまひろし】
 1973年 神奈川県立平塚工業高校機械科卒業
 1973年 神奈川県総合リハビリテーションセンターリハビリテーション工学科
 1987年 横浜市総合リハビリテーションセンター企画研究室,工学技師
 現在に至る
 著書に『車いす』(共著・医学書院)1987年,
 『最新版テクニカルエイド-福祉用具の選び方・使い方』(共著・三輪書店)2003年など

【まんが家略歴】
たなかしんこ
 1993年 白泉社でまんが家デビュー
 著書に盲導犬まんが『いっしょに歩こう』など
 現在,白泉社を中心に活動中

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

高柳友子 編著/飯島浩 著