医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
29巻3号 2020年3月号
特集 社会的行動障害へのアプローチ
特集にあたって
 高次脳機能障害へのリハビリテーション(以下リハ)医療の取り組みとして,2001年より開始されたモデル事業時代の実態調査でも,社会的行動障害は高次脳機能障害の症状として頻度の多い4大症状の一つとして挙げられた.社会的行動障害と一言で表されるが,その状態は多岐にわたり,固執性,易怒性,意欲低下,病識欠如等多くの病態を含む「社会参加の制限につながる行動障害」の総称である.リハ医療がどのようにこの障害に取り組んでいけばよいのか,現場では日々苦慮している状況にある.
 高次脳機能障害の支援が全国的に事業化され,10年余り経過する中で支援のうまくいかない困難事例の大部分が社会的行動障害の強い事例であると考えられ,2016年〜2018年に厚生労働科学研究で社会的行動障害の実態調査が実施された.その詳細な報告およびその成果物として「社会的行動障害への対応と支援」というマニュアルが昨年7月に公開された.そのような動きの中,本誌で社会的行動障害にスポットライトを当てる特集を企画した次第である.
 本特集では,まず社会的行動障害についての概説,さらに2016年度より実施された実態調査の結果について,高次脳機能障害支援事業の開始当初から中心的にご活躍された中島八十一先生に解説していただいた.次に,多くの精神症状・行動障害の中で頻度の多い「易怒性,感情コントロール障害」「意欲・発動性低下」にターゲットを絞り,それぞれ京都大学の上田敬太先生,埼玉総合リハビリテーションセンターの先崎 章先生に執筆いただいた.これらの精神科医療との狭間にある症状に対する薬物治療の実際と,リハ医療でも実践可能な非薬物的治療(心理療法,環境調整等)にも言及していただいている.また社会的行動障害は当事者の社会参加を制限するにとどまらず,介護者,特に家族に大きな負担感を与える障害であることから,家族支援をテーマに東京慈恵会医科大学の渡邉 修先生に執筆いただいた.最後に,社会的行動障害の一端ではあるが,起きてしまうと大きな問題となる「触法行為」を取り上げ,触法行為と精神障害の関係,鑑定書・意見書を求められたときの留意点等を弁護士の中井克洋先生に解説いただいた.
 本特集では,「明日からの診療に役に立つ情報をお届けする」をテーマに企画したが,それぞれの領域の第一人者の先生方にご執筆いただくことができ,大変充実した内容になったと考えている.本特集が高次脳機能障害患者の社会的行動障害の対応に日々苦慮する先生方の診療の一助となればと期待している.(編集委員会)
目 次
社会的行動障害とは(概説)  中島八十一
易怒性、感情コントロール障害の病態と治療法  上田敬太
意欲・発動性の低下の病態と治療法  先崎章
社会的行動障害と家族支援─家族会の意義  渡邉修
触法行為に遭遇した場合の対応法について  中井克洋
連載
巻頭カラー  リハの現場で役立つ! 目で見る動作・歩行分析 
3.脳卒中@─三次元トレッドミル歩行分析と臨床指向的分析  大塚圭,向野雅彦・他 
こういう工夫でこんなに変わった! アドヒアランスやコンコーダンスを高めるリハビリテーション 
2.脳卒中片麻痺  尾ア尚人,奥山由美・他 
リハビリテーション医療における臨床倫理 
8. 事例紹介 身体拘束  圓増文,浅井篤 
ニューカマー リハ科専門医 
  山口洋一朗 
現場で生かせるExcelシート付き! リハビリテーション自主トレーニング指導 
18.自宅での転倒・介護予防の自主トレーニング  杉戸真,鈴木琢也,他 
筋電図を症例から学ぶ 
3. 橈骨神経麻痺(後骨間神経麻痺を含む)  山田深 
運動器・末梢神経の診察テスト法 
6.腰椎疾患の診断の進め方  久野木順一 
急性期リハビリテーションの実際─なにを、いつ、どのように 
13. 肺がん術後  影近謙治 
心に残ったできごと―リハビリテーション科の現場から 
恩師との出会い  川上途行 
臨床研究 
熊本地震が回復期リハビリテーション病院に及ぼした影響  寺崎修司徳永誠・他

TOPICS 
中枢神経回路の修復を促進する抗体治療薬の開発  山下俊英
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.