医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
特集 リハビリテーションに生かす温泉療法
22巻2号 2013年2月15日 p.132-138
特集
特集 リハビリテーションに生かす温泉療法 温泉療法のエビデンス 前田眞治
1)国際医療福祉大学大学院リハビリテーション学分野
キーワード  温泉療法 温熱効果 医学教育 エビデンス 物理療法
内容のポイント Q&A  
Q1 温泉療法のエビデンスは?
 温泉療法の効果の主なものは温熱効果であり,@疼痛緩和,Aコラーゲン線維の伸張性の増加による筋,関節の柔軟化,B血行促進による老廃物や疼痛物質の除去,Cγ神経系抑制による筋緊張の低下等である.他に浮力,静水圧,粘性抵抗等がエビデンスをもってリハビリテーションに貢献している.また,炭酸泉による血管拡張等,含有物質による効果もエビデンスがあり温泉療法として用いられている.
Q2 リハビリテーション医学教育における温泉療法は?
 近年,リハビリテーションでは,物理療法のなかの温熱療法等で触れられることはあるが,系統的な講義は国立大学温泉研究所等の閉鎖等によって一部を除き行われなくなってきている.温泉療法は使用法によっては大きな医療効果が得られ,リハビリテーションとしての効果も大きい.また,わが国の生活習慣等に占める温泉の役割は大きく,日常的に利用されることから,医学的な見地からも温泉医学の知識は必要不可欠と考えられる.
Q3 リハビリテーション医学研究としての温泉療法は?
 運動器障害の機能回復に対しては温熱効果による医学的効果は従来から多くの研究がなされており,今後もなされていくと思われる.また,やや低い温度に対する身体の反応として低温サウナ療法(和温療法)もその温熱効果として期待される.また,高温では免疫増強やHSP70 等,三次予防としての健康維持増進といった高齢者や障害者の身体維持に欠かすことができない要素の研究等が最近盛んになりつつある.
特集 リハビリテーションに生かす温泉療法 温泉療法のエビデンス 前田眞治
本論文を購入 特集TOPへ戻る
リハビリテーションに生かす温泉療法
22巻2号 2013年2月15日
月刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,300円
注文コード:082202
雑誌コード:03297-02
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
日常生活活動(ADL)
新版 日常生活活動(ADL) 評価と支援の実際
伊藤利之・江藤文夫 編/中村春基 ほか編集協力

定価 7,344円(本体 6,800円+税8%)A4判変 358頁 2010年4月発行
注文コード:213440
ISBN978-4-263-21344-5

●最近のニーズを網羅して,臨床経験の浅い読者に日常生活活動の概念から,障害別活動訓練の実際までの全般......
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.