医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
特集 靴・靴型装具・足装具の処方と注意点−足元からのリハビリテーション
20巻12号 2011年12月15日 p.1109-1114
特集 靴・靴型装具・足装具の処方と注意点−足元からのリハビリテーション 靴型装具・足底装具の構造と適応 高嶋孝倫
1)国立障害者リハビリテーションセンター
キーワード  靴型装具 足底装具 靴インサート 足部変形 足底圧分散
内容のポイント Q&A  
Q1 靴型装具の構造は?
・基本構造である一般的な皮革靴の内部と外部に特異的な構成要素を追加する.
・靴型装具自体に剛性と強度が求められるため,月形しんの延長やシャンク等を用いる.
・足部変形によって生じる足底圧集中に対して,靴インサートによる除圧要素等を追加する.
・一般的な皮革靴と同様の構成要素でも,特異的な機能をもった材料を用いることが多い.
Q2 靴型装具のアライメントの要点は?
・静的アライメントと動的アライメントを考慮する.
・足部変形に対して,荷重線と関節中心のズレによって発生するモーメントを解消する要素を追加する.
・立位時の片側下肢の荷重線が前額面では踵中央,矢状面では載距突起を通り踵前方を通過する.
・動的アライメントは歩行周期中の時期を考慮し,重心動揺や関節運動等を補正する.
Q3 靴の内部での補正はどのように行うか?
・内部での補正は直接足に作用するので,変形の矯正や予防の効果がある.
・靴インサートに各種アーチパッド形状を盛り込む方法,パッドのみを中底に設置する方法等がある.
・市販靴や超深靴に靴インサートを入れるか,靴インサートを一体化した木型で靴型装具を製作する.
Q4 靴インサートの目的,注意点は?
・第一に変形の矯正とさらなる変形の予防,第二に足底圧分散が目的となる.
・足部変形に対しては矯正するか,保持・予防かを判断し,過矯正による皮膚損傷に注意が必要である.
・足底圧分散を行うには,荷重が可能な部位を判断して,その部分の形状を適応させることに注意する.
 局所的に免荷する部位は空間をつくる等の減圧処理を行う.
・糖尿病で末梢神経障害,自律神経障害,末梢血管障害がある場合には感染のリスクを減じるため,抗菌性
素材が有効である.
特集 靴・靴型装具・足装具の処方と注意点−足元からのリハビリテーション 靴型装具・足底装具の構造と適応 高嶋孝倫
本論文を購入 特集TOPへ戻る
靴・靴型装具・足装具の処方と注意点−足元からのリハビリテーション
20巻12号 2011年12月15日
月刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,200円
注文コード:082012
雑誌コード:03297-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
装具学
装具学 第4版
日本義肢装具学会 監修/飛松好子・高嶋孝倫 編著

定価 6,696円(本体 6,200円+税8%)B5判 228頁 2013年3月発行
注文コード:214180
ISBN978-4-263-21418-3

●装具に関する定番テキストの改訂版!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.