医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ260巻3号 > 論文詳細
NICUの現状と課題−臨床と研究の最新情報
260巻3号 2017年1月21日 p.208-213
AYUMI NICUの現状と課題――臨床と研究の最新情報 NICUと在宅医療の課題と展望 側島久典
サマリー   わが国の新生児医療の進歩により,未熟性の強い早産児は長期入院となるものの退院例は増加し,低酸素性虚血性脳症への低体温療法の導入などによっても退院可能となる児は増えている.また,出生前診断の進歩によって先天異常・合併奇形への早期対応も進み,重心施設への収容がきわめて難しい状況から,医療的ケアを行いながらの在宅医療への移行が増加傾向にある.とくに人工呼吸器を装着しての在宅移行も併せて増えており,これらの児の生活を円滑にするために,多職種間の連携に注目が集まっている.訪問看護師をはじめとする地域の支援の充実に向け,このような児がNICU入院中から医療者間での意識づけをはじめとする,家族の参加型のケアプランを進めていく必要がある.同時に,NICUから在宅に移行するためには小児科病棟,中間小児科施設と家族を交えての密接な情報交換が必要である.このための小児在宅医療実技講習会,さらには地域の成人在宅医との協力を求めながらの在宅医療に向けた試みが進められている.
キーワード  NICU長期入院児,小児在宅医療,医療的ケア児,多職種協働
AYUMI NICUの現状と課題――臨床と研究の最新情報 NICUと在宅医療の課題と展望 側島久典
本論文を購入 特集TOPへ戻る
NICUの現状と課題
260巻3号 2017年1月21日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,300円
注文コード:926003
雑誌コード:20473-1/21
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.