医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ254巻10号 > 論文詳細
アルコール医学・医療の最前線2015Update9月第1土曜特集
254巻10号 2015年9月5日 p.1011-1015
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update アルコール医学・医療の理解に必要な最新基礎知識 山科俊平
サマリー   ADH は,肝以外に胃や小腸にも存在するアルコール分解酵素であり,吸収されたアルコールの80%以上を代謝する.胃粘膜のADH によるアルコール代謝はfirst pass effect とよばれ,少量の飲酒時には有効に働くとされるが,ADH 活性の大半は肝が担っており,大量飲酒時のアルコール代謝においては肝ADH が重要である.生体に摂取されたアルコールがADH によってアセトアルデヒドに代謝される際には,補酵素としてNAD がNADH に転換されるが,アルコール代謝によって増加したNADH はピルビン酸の乳酸への還元に作用し,糖や脂質代謝を障害することがわかっている.ADH には複数のアイソザイムが存在し,ヒトでは5 つのクラスに分けられているが,そのうちクラスIであるADH1BADH1Cに遺伝子多型が存在し,とくにADH1B2 遺伝子はアルコール依存症発症に関与すると考えられている.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
アルコール医学・医療の最前線2015Update
254巻10号 2015年9月5日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925410
雑誌コード:20471-9/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.