医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ252巻2号 > 論文詳細
ゲノム編集−基礎から応用へ
252巻2号 2015年1月10日 p.165-169
AYUMI ゲノム編集――基礎から応用へ マウス個体でのゲノム編集(2)──簡便かつ迅速な遺伝子改変マウス作製法について 藤原祥高・伊川正人
サマリー   生命科学研究において,遺伝子組換え動物が果たしてきた役割は非常に大きい.そのなかでも特定の遺伝子を欠損させることでその機能を知ることができるノックアウト(KO)マウス誕生から四半世紀が過ぎた現在,ゲノム編集ツールCRISPR/Casシステムの登場により遺伝子改変技術の転換期を迎えた.約一年を要するES細胞を介した従来法に比べ,CRISPR/Casシステムを利用すれば最短1カ月でKOマウスの作製が可能である.著者らも培養細胞を用いたヌクレアーゼ活性評価系の構築やCRISPR/Cas9発現プラスミドDNAを環状のまま受精卵へ注入することで,簡便かつ効率のよい遺伝子改変マウス作製法を開発してきた.本稿では,CRISPR/Casシステムについて著者らのデータを交えながら最新の知見を紹介する.
キーワード  遺伝子改変マウス,CRISPR/Casシステム,オフターゲット切断,GFPアッセイ,pX330プラスミド
AYUMI ゲノム編集――基礎から応用へ マウス個体でのゲノム編集(2)──簡便かつ迅速な遺伝子改変マウス作製法について 藤原祥高・伊川正人
本論文を購入 特集TOPへ戻る
ゲノム編集
252巻2号 2015年1月10日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,100円
注文コード:925202
雑誌コード:20472-1/10
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.