医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ232巻10号 > 論文詳細
てんかん治療Update−研究と臨床の最前線3月第1土曜特集
232巻10号 2010年3月6日 p.1043-1049
第1土曜特集 てんかん治療Update──研究と臨床の最前線 脳磁図診断に求めるもの――1に波形分離,2に電流方向,3に信号源局在 中里信和
サマリー   脳磁図は脳波と同様に脳の電気活動で生じる信号である.脳磁図は局在診断能力が高いとする考え方だけがこれまで強調されることが多かったが,こうした過大評価は危険である.脳磁図の利点の第 1 は,複数の信号源の“分離能力”であると考える.脳波では背景活動に埋もれた棘波を,脳磁図だけがしばしばとらえることがある.左右で同期した活動の分離も脳磁図は得意とする.突発波の伝播も脳磁図では理解しやすい.第 2 の利点は,頭皮に水平な“電流の方向”を把握しやすい点である.てんかん棘波の頂点では皮質電位は表面でマイナスであり,これをもとに脳溝で向き合う 2 つの壁のどちらが信号源なのかを脳磁図では簡単に診断できる.第 3 の利点は,従来から強調されてきた“局在診断能”である.ただし,信号源が 1 個か 2 個に限定され,興奮面積も小さいことが前提条件であることをあらかじめ承知したうえで,脳磁図の局在診断能力を評価すべきと考える.
キーワード  脳磁図,脳波,てんかん性突発波,逆問題
第1土曜特集 てんかん治療Update──研究と臨床の最前線 脳磁図診断に求めるもの――1に波形分離,2に電流方向,3に信号源局在 中里信和
本論文を購入 特集TOPへ戻る
てんかん治療Update
232巻10号 2010年3月6日
週刊(B5判,156頁)
発行時参考価格 2,200円
注文コード:923210
雑誌コード:20471-3/6
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.