やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

2,860円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

院内事故調査 実践マニュアル

定価 2,860円(本体 2,600円+税10%)
  • 総頁数:104頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2015年9月
  • ISBN978-4-263-73168-0
  • 注文コード:731680

内容紹介

●2015年10月から医療事故調査の第三者機関(医療事故調査・支援センター)が設立され,新たな医療事故調査制度がスタートする.本書は,2009年9月発行の好評書『院内事故調査の手引き』を全面刷新し改訂新版として発行.
●医療事故が実際起きた場合の初期対応,院内事故調査委員会の開催の判断・運営方法,適切な患者対応など,現場レベルでの行動のノウハウを時系列に沿って詳細に解説.
●院内事故調査で最低限「すべきこと」と「してはならないこと」を提示するとともに,いかにして公正性,透明性を確保するかを記載.さらに,対応に困る場面についてはコラムにてわかりやすく解説.医療事故対応のこれからのスタンダードとなりうるガイドブック.

■関連研修会のご案内

研修会パンフレット
 (PDFファイル:約1.23MB)

書評
評者:大阪大学医学部附属病院中央クオリティマネジメント部,中島和江

本書はタイトルにあるとおり,院内事故調査を行うための“実践マニュアル”である.医療事故調査の各局面で求められる事項(初期対応,緊急対応会議,事故調査委員会の準備,組織,進め方,事故調査報告書の書き方,患者・家族への対応等)に関して,基本的な考え方と具体的な行動が,明快かつわかりやすく解説されている.…続きを読む



■本書の広告はこちら(PDFファイル 約1.32MB)

目次

1章 院内事故調査と法令にもとづく手続き
2章 院内事故調査委員会の目的と役割
3章 重大有害事象発生時の初期対応
4章 緊急対応会議
5章 院内事故調査委員会設置基準
6章 院内事故調査の準備と事務局体制
7章 院内事故調査委員会の組織
8章 院内事故調査委員会の進め方
9章 原因分析の進め方
10章 事故調査報告書の書き方
11章 事故調査報告書の取り扱いと公表
12章 患者・家族への対応
13章 有害事象を経験した医療者への支援
14章 再発防止策の策定と実施状況の検証

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

中島勧 監修/(公財)生存科学研究所医療政策研究会 編著/神谷惠子竹下啓西田博加部一彦長谷川幸子渡邊両治秋元秀俊 著