やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

※この商品は5月31日(木)まで送料無料です
10,800円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円 ⇒5月31日(木)まで無料 代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります. ⇒5月31日(木)まで無料

がん・生殖医療
妊孕性温存の診療

定価 10,800円(本体 10,000円+税8%)
  • 総頁数:312頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2013年8月
  • ISBN978-4-263-73152-9
  • 注文コード:731520

内容紹介

●若年がん患者の治療にあたり,患者のQOLを損なわないよう,将来にわたる妊孕性温存をめざす新たな医療技術が実践されはじめている.
●諸外国での“がん・生殖医療”(Oncofertility)の先進的な取り組みを受けて,わが国でも2012年11月「日本・がん生殖医療研究会」が設立された(2015年8月より学会へ名称変更).
●本書は「日本・がん生殖医療学会」監修により,がん治療医と産婦人科医の連携のもと,最新の実践と研究成果を網羅的にまとめた本邦初のレファレンス・ブックである.
●妊孕性温存を望むがん患者のために,看護師・心理士などコメディカルスタッフを含めた医療スタッフ必携のテキスト・ブックである.

目次

第1章 妊孕性温存の基礎
第2章 妊孕性温存を考慮すべき疾患
第3章 妊孕性温存療法の実際
第4章 がん・生殖医療を支える医療
第5章 妊孕性温存療法の試み−ガイドラインなど

書評

本書の書評をご覧いただけます!

書評:小西郁生 先生・中村清吾 先生 (『医学のあゆみ』2013年11月9日号掲載 PDFファイル:約405KB)

この商品を買った人はこんな商品も買っています