やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

4,320円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

HAZOP 誤嚥・嚥下障害のリスクマネジメント
Hazard and Operability study法による評価と対策

定価 4,320円(本体 4,000円+税8%)
  • 総頁数:192頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2009年8月
  • ISBN978-4-263-73121-5
  • 注文コード:731210

“嚥下HAZOP”をわかりやすく解説!

内容紹介

●HAZOP とは英国化学産業協会が1974 年に公開した,生産工程におけるリスクの洗出し方式であり,今日では様々な分野へ適用されている.
●嚥下HAZOP(誤嚥・嚥下障害のリスクをHAZOPによって評価・管理する手法)についてわかりやすく解説するとともに,その臨床応用についても詳述.
●嚥下リハ,在宅医療,福祉施設での嚥下HAZOPの応用について具体的に解説.
●また摂食・嚥下クリニカルパス作成に際しても嚥下HAZOPがきわめて有効であることも明示.
●臨床や福祉の現場で活用できる“嚥下HAZOPによるチェックリスト”も掲載.

目次

第1章 摂食・嚥下のメカニズムとリスク(山脇正永)
第2章 医療HAZOP(野村 徹)
第3章 嚥下HAZOPの実際(山脇正永)
第4章 HAZOPを用いた嚥下障害リスク管理への応用

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【編者略歴】
山脇正永【やまわきまさなが】
 1988年 東京医科歯科大学医学部卒業
 1988年 東京医科歯科大学神経内科勤務
 1992年 バージニア州立大学生化学科研究員
 1996年 東京医科歯科大学大学院医学研究科博士課程修了
 1996年 埼玉県総合リハビリテーションセンター医員(内科)
 2000年 東京医科歯科大学医学部講師(神経内科)
 2003年 東京医科歯科大学医学部助教授(臨床教育研修センター)
 2007年 東京医科歯科大学医学部准教授(臨床教育研修センター)
 2008年 東京医科歯科大学大学院医療管理政策学修士課程修了
     現在に至る
 博士(医学),修士(医療管理政策学)
 日本内科学会総合内科専門医,日本神経学会神経内科専門医・指導医,日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
野村 徹【のむらとおる】
 1977年 大阪大学大学院修士課程修了
     専門領域:構造物の破壊
 1977年 (株)日本製鋼所室蘭研究所勤務
     研究員・主任研究員
 1986年 日本鉱業(株)(現:ジャパンエナジー)勤務
     技師長・主席技師長・審議役
 2001年 マーシュジャパン(株)バイスプレジデント
     現在に至る
 専門領域:企業・製造現場のリスク評価・リスク教育
 大阪大学大学院客員教授・非常勤講師(リスク評価論担当)
 東京医科歯科大学大学院非常勤講師

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

山脇正永野村徹 編著/大川淳清水充子千葉由美戸原玄 著