やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

小児のメディカル・ケア・シリーズ 小児の紫斑病 子どもの出血傾向と血栓症の理解
4,180円(税込)
オンデマンド
オンデマンド万能書店」のみでの販売となるオンライン限定商品です.
ご購入はこちらからお願いいたします.

小児のメディカル・ケア・シリーズ
小児の紫斑病
子どもの出血傾向と血栓症の理解

定価 4,180円(本体 3,800円+税10%)
  • 総頁数:344頁
  • 判型:B6判
  • 発行年月:2001年3月

オンデマンド版とは

●オンデマンド版は1冊からの受注生産です.ご注文後の作成のため,ご注文をいただいてから2〜3週間程度お時間がかかります.返品はお受けできません.
●本書は刊行当時の原本をスキャニングで忠実に読み取り,オンデマンド印刷機にて印刷・製本したものです.中身は原則として刊行当時のままとなります.また,原本より写真や網かけ部分が粗くなっています.
●オンデマンド版化にあたって,すべてソフトカバーに変更しています.また,一部多色刷りの箇所をモノクロに変更している場合があります.

小児の紫斑病について他にまとまった書籍がないことから復刊が待たれた一冊が読者からの要望にお応えしてオンデマンド版で復刊しました.
 「子どもが鼻血をよく出す」とか,「皮膚に青あざが出た」などのいろいろな年齢の子どもたちでみられる出血症状の際の対応が示され,ついで臨床的見地から複雑な止血の生理機構が分かりやすく論述されています.
 子どもにみられるいろいろな出血性疾患や血栓症について,医師,研修医,医学部学生,看護師,学校の先生,保健師や養護の先生,保育士などの皆さん方に,新しい考え方,診断や治療法について専門的な内容も含めてできるだけわかりやすく具体的に治療と日常生活の管理を中心に解説がされている一冊です.

内容紹介

紫斑病とは,血管からの出血がもとで皮膚表面に青あざが生じることに特徴がみられる疾患の総称.子どもにみられる種々の出血性疾患や血栓症についての新しい考え方,診断と具体的な治療法,日常生活の管理などを中心に解説.

目次

第1章 小児の出血
第2章 止血と凝固制御・線溶機構
第3章 出血素因の診断
第4章 血管性紫斑病
第5章 血小板減少による出血性疾患
第6章 血小板異常症
第7章 血友病
第8章 血友病類縁疾患
第9章 フォンウイレブランド病
第10章 ビタミンK欠乏症
第11章 播種性血管内凝固症候群
第12章 小児の血栓症
第13章 深部静脈血栓症と肺塞栓症
第14章 先天性血栓性疾患
第15章 後天性血栓性疾患
第16章 血液製剤ならびに薬剤

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者略歴】
赤塚順一
 1955年 東京慈恵会医科大学卒業
 1960年 東京慈恵会医科大学大学院研究科(小児科学)修了
 1961年 米国ウィスコンシン州立大学小児科教室研究員(主任Nathan J.Smith教授)として小児血液学専攻
 1972年 東京慈恵会医科大学助教授(小児科学)
 1982年 同上教授(慈恵医大第三病院小児科診療科長)
 1993年 慈恵第三看護専門学校長
 1994年 日本小児血液学会理事長
 1995年 国際小児特発性血小板減少性紫斑病研究班(班長P.Imbach教授)の日本のcoordinator就任
 1996年 東京慈恵会医科大学定年退職
 1998年 聖徳大学大学院児童学研究科教授
 現在にいたる

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

赤塚順一 著