やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

6,264円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

外来整形外科のための 退行変性疾患の理学療法

小関博久 編著
定価 6,264円(本体 5,800円+税8%)
  • 総頁数:224頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2010年6月
  • ISBN978-4-263-21355-1
  • 注文コード:213550

外来整形外科疾患の理学療法の運動連鎖に注目しながら四肢・体幹全体のalignmentを改善する理学療法技術についてわかりやすく解説!

内容紹介

●外来整形外科疾患に対する重要な治療方法である理学療法のうち運動連鎖に注目し,四肢・体幹全体のalignmentを改善することで治療する理学療法技術について記述.変形性関節症・変形性脊椎症・肩関節周囲炎などの退行変性疾患への治療についてわかりやすく解説.
●これらの疾患は,わが国では骨粗鬆症とともに増加傾向にあり.病気が進行していくと日常生活に重大な支障をもたらため,四肢のalignmentに改善ができれば,日常生活に支障をきたすことは少なくなる.四肢のalignmentは体幹の支持機能に影響されるため四肢・体幹全体の良好なalignmentを形成する必要がある.このような考え方で行われる運動療法の技術の,機能解剖学を礎として運動連鎖に注目し,この応用技術について解説.

目次

第1章 変形性関節症
第2章 変形性脊椎症
第3章 肩関節周囲炎
第4章 骨粗鬆症
第5章 運動器不安定症(関口 剛)

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【編者略歴】
小関博久【こせきひろひさ】
 1986年 金沢医科大学卒業
 1986年 日本医科大学付属病院救命救急センター研修医
 1987年 昭和大学医学部整形外科学教室入局
 1992年 学校法人小関学院理事長
 1996年 昭和大学医学部整形外科学教室退局
     東都リハビリテーション学院学院長
 2005年 広尾整形外科理事長兼務
 医学博士
 日本整形外科学会認定整形外科専門医

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

小関博久 編著/入谷誠上田泰久柿崎藤泰木藤伸宏小関光美財前知典関口剛田中亮平山哲郎福井勉 著/川ア智子小関泰一菅原祐樹田中和孝藤原務古嶋美波 執筆協力