やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

7,776円(税込)
品切れ

神経心理学的リハビリテーションの原理

G.P.Prigatano 著/中村隆一 監訳/天草万里 ほか訳
発行時参考価格 7,200円
  • 総頁数:312頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2002年12月
  • ISBN978-4-263-21274-5
  • 注文コード:212740

内容紹介

脳機能不全患者のリハビリテーションに,科学的視点および現象学的視点の双方からアプローチすることの重要性を提示.高次大脳機能不全の性質,およびそれらの機能不全が現代の神経心理学的リハビリテーション・プログラムを通して,どのように治療教育されうるのかを解説

目次

日本語版への序文 ジョージP.プリガターノ
監訳者の序文 中村隆一
序 ジョージP.プリガターノ
I 歴史的および臨床的展望
第1章 簡潔な歴史的展望を背景とした原理への導入
第2章 患者の経験と高次大脳機能の性質
第3章 症状像および病前の認知的要因とパーソナリティ要因とについて無視されてきた問題
II 神経心理学的リハビリテーションの過程と帰結
第4章 問題の提示:なぜ神経心理学的リハビリテーションが必要とされるのか
第5章 神経心理学的リハビリテーションで出会う認知障害
第6章 パーソナリティ障害と脳損傷:理論的視点
第7章 パーソナリティ障害と脳損傷:実践的熟慮
第8章 脳損傷後の認知障害およびパーソナリティ障害の神経心理学的リハビリテーション
第9章 患者と家族構成員への心理療法的介入
第10章 インターディシプリナリー・リハビリテーション・チームを動かす
第11章 認知リハビリテーションと心理療法的介入とを組み込んだ神経心理学的リハビリテーション・プログラムの帰結
III 理論的・経験的論点
第12章 脳損傷後の自己意識性の障害
第13章 脳損傷後の回復と悪化
第14章 神経心理学的リハビリテーションにおける科学と象徴主義

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

G.P.Prigatano 著/中村隆一 監訳/天草万里浦上裕子小賀野操河野豐佐久間肇長岡正範中島八十一深野佳和三輪隆子 訳