医歯薬出版のページサイトマップ
糖尿病プラクティス   TOP最新号別冊・書籍バックナンバー年間定期購読
新しい機器と移植医療
−糖尿病治療モジュールの最前線−
35巻1号 2018年1月15日 p.38-43
MAIN THEME 特集 新しい機器と移植医療―糖尿病治療モジュールの最前線― 3.米国で販売が開始された第一世代closed loop機器の実際 黒田暁生
1.インスリンポンプ療法の現状からclosed loop insulin pump 療法への道のり
 わが国では2015 年2 月からインスリンポンプと皮下のグルコースを常にモニターできるCGM との2つの機能が搭載されたsensor-augmented pump(SAP)の利用が可能となった.このシステムによって24 時間の血糖値の動向は見えてきたが,低血糖や高血糖になったときにはすべて患者が対処しないといけないという点は残されたままである.実際にリアルタイムCGM を用いてもそこから先の対処がないためか,重症低血糖の発生頻度に変わりはないという結果が報告されている.また強化インスリン療法に比べてSAP 療法を行った際にはHbA1c は改善するものの,重症低血糖の発生頻度は改善しなかったと報告されている2).closed loop insulin pump 療法とは,全自動で血糖値に応じてインスリンを注入しつつ低血糖や高血糖をきたさないようなシステムがイメージされている.……(雑誌本文は続きます)
MAIN THEME 特集 新しい機器と移植医療―糖尿病治療モジュールの最前線― 3.米国で販売が開始された第一世代closed loop機器の実際 黒田暁生
本論文を購入 特集TOPへ戻る
新しい機器と移植医療
35巻1号 2018年1月15日
隔月刊(A4判,120頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:003501
雑誌コード:17729-01
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
インスリンポンプとCGM
インスリンポンプとCGM 糖尿病をうまく管理するためのガイド
Francine R.Kaufman 著/雨宮伸・難波光義 監訳

定価 4,400円(本体 4,000円+税10%)B5判変 240頁 2015年5月発行
注文コード:236470
ISBN978-4-263-23647-5

●患者さんと医療従事者に役立つ糖尿病最新治療ガイド!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.