やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

新編 標準食品学 各論[食品学II]

(第1版第1刷:2018年9月10日発行)

正誤表

 この度は,上記書籍をご購入くださいまして誠にありがとうございました.
 以下の箇所に関して誤りがございましたので,ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます.

2018年11月21日更新

箇所
p.50 上から11行目
アズキの成分・利用
タンパク質が20.3%(約70%がグロブリン) タンパク質が20.3%(アルブミンおよびグロブリンが主体で約63%を占める)
p.53 下段右の補足39 加水分解されて生産を生じる. 加水分解されて青酸を生じる.
p.107 上から26行目
2.ハッサク(八朔)
愛媛や広島が主産地である。 和歌山が主産地で以下広島、愛媛である。
p.129 3.カワノリ 鉄(61.3%) 鉄(61.3mg%)
p.152 上から6行目
肉製品 ソーセージ
JASでは,加熱しないで水分3%以下に乾燥させたものをドライソーセージ, JASでは,加熱しないで水分35%以下に乾燥させたものをドライソーセージ,