やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

9,720円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

オートプシーイメージング Aiはどこまで事実に迫るか

定価 9,720円(本体 9,000円+税8%)
  • 総頁数:232頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2014年8月
  • ISBN978-4-263-73160-4
  • 注文コード:731600

●撮影の眼,読影の眼,鑑定の眼,三者の眼が検死鑑定時の事実に迫る

内容紹介

●オートプシー・イメージング(Autopsy imaging:Ai)は解剖前にCT などの画像検査を行うことで,解剖の正確度向上,検案の正確度向上を目的とした今注目のシステムである.
●本書ではAiについて,@その利点,Aその限界,BAiの方向性について放射線科医・放射線技師・法病理医(解剖医)の視点から,現在Aiを始めている,あるいは始めようとしている施設の放射線医・放射線技師に対し,症例を中心に教育的視点でまとめられた意欲的な一冊である.
●巻末では検死鑑定時,法医医師,放射線科医・放射線技師が常時用いる用語をわかりやすく解説した.

目次

基本編
法医学領域におけるAiの読影
東北大学Aiセンターにおける死後画像撮影
事例編
1.晩期死体現象とAi
2.溺水吸引とAi
3.頸部圧迫とAi
4.低体温症とAi
5.頭部の異変とAi
6.体表損傷・胸腹部臓器損傷とAi
7.頸椎損傷とAi
8.乳児急死とAi
9.薬毒物服用とAi
10.気道内異物とAi
11.胸腹部疾患とAi
12.まれな事例とAi

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

舟山眞人齋藤春夫 監修/臼井章仁川住祐介細貝良行 執筆