やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

※この商品は4月27日(金)まで送料無料です
5,400円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円 ⇒4月27日(金)まで無料 代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります. ⇒4月27日(金)まで無料

漢方・中医学講座−実践入門編 第2版

入江祥史 編著
定価 5,400円(本体 5,000円+税8%)
  • 総頁数:312頁 / 2色
  • 判型:A5判
  • 発行年月:2009年4月
  • ISBN978-4-263-73114-7
  • 注文コード:731140

漢方・中医学の理論と診療の実際をコンパクトに記述

内容紹介

●現代医学教育を習得した医学生・研修医・プライマリケア医に,臨床にいかに中医学を取り入れるかを重点に,漢方・中医学の理論と診療の実際をコンパクトに記述.内科医である著者が実践してきた“漢方薬を用いて診療を行う”治療効果について提示し,わかりやすく解説.
● 医学生・薬学生には,漢方・中医学の基礎を学ぶ上でのテキストであり,また漢方に興味を持つ医師には第一歩となる手引き書.

目次

第1章 医学教育における漢方の必要性
第2章 診療に漢方を取り入れよう
第3章 漢方的診察法 その1:総論および望診,聞診,問診について
第4章 漢方的診察法 その2:舌診について
第5章 漢方的診察法 その3:脈診について
第6章 西洋医学的診断の意義
第7章 漢方で使われる薬
第8章 重要処方を理解する(1)十全大補湯
第9章 重要処方を理解する(2)五苓散・猪苓湯
第10章 重要処方を理解する(3)二陳湯
第11章 重要処方を理解する(4)桂枝茯苓丸
第12章 重要処方を理解する(5)黄連解毒湯・白虎加人参湯
第13章 重要処方を理解する(6)六味丸
第14章 『傷寒論』について
第15章 『傷寒論』ダイジェスト
第16章 漢方理論のまとめ
第17章 鍼灸について
第18章 漢方診療に関するQ&A

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者略歴】
入江祥史【いりえよしふみ】
 1965年 長崎市生まれ
 1991年 大阪大学医学部医学科卒業
 1995年 大阪大学大学院医学研究科修了(医学博士)
 2000年 ハーバード大学医学部生理化学センター留学
 2003年 慶應義塾大学医学部東洋医学講座助手
     同病院漢方クリニック医長
 2005年 慶應義塾大学医学部漢方医学講座非常勤講師
 2008年 証クリニック吉祥寺院長

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

入江祥史 編著