やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

3,024円(税込)
品切れ

歯科臨床の未来
名人芸からCAD/CAMへ

発行時参考価格 2,800円
  • 総頁数:120頁
  • 判型:A5判
  • 発行年月:1997年3月
  • ISBN978-4-263-45365-0
  • 注文コード:453650

内容紹介

著者が40年にわたって臨床,教育,研究に携わってきた経験から,今この時期に言っておかなくてはならないことを語りつくした,これからの歯科界を考えていくために役立つ一冊.

目次

東京医科歯科大学の時代―1954〜1967年―
東北大学の時代―1967〜1971年―
北海道大学の時代―1971〜1997年―
研究の過去・現在・未来
臨床40年の歩みから
臨床で考えたこと
臨床は一人前になるのに20年かかる――
いいというのはどういう状況なのか――

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者略歴】
内山洋一
 1934年 新潟県に生まれる
 1958年 東京医科歯科大学歯学部卒業 東京医科歯科大学助手(歯学部歯科補綴学教室)
 1964年 東京医科歯科大学講師
 1965年 歯学博士(東京医科歯科大学)
 1967年 東北大学助教授(歯科補綴学第一講座)
 1971年 北海道大学教授(歯科補綴学第一講座)
 1987年 北海道大学歯学部附属病院長(1991年3月31日まで)
 おもな著書および論文
 道具と手:而至歯科工業株式会社,東京,1979.
 クラウン・ブリッジ補綴学・第2版,医歯薬出版,東京,1995.
 (共著)歯科医療の省力化のすすめ(日本歯科評論,48:61〜70,1973),手工技術の近代化と21世紀の歯科医療(歯界展望,68:407〜409,1986),歯科医療における新技術導入の可能性(デンタルダイヤモンド,13:44〜49,1988),CAD/CAMを応用した歯冠補綴物作製の基礎的研究(QDT,15:135,1989),歯科治療の基本となる手の動き(補綴誌,34〈83回特別号〉:149,1990),CAD/CAMによるクラウンの作製について(ザ・クインテッセンス,10(12):111〜117,1991)ほか多数

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

内山洋一 著