やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

3,024円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

病態を見極め行動できる
子ども急性期看護
評価・判断・対応

伊藤龍子 編著
定価 3,024円(本体 2,800円+税8%)
  • 総頁数:146頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2015年1月
  • ISBN978-4-263-23594-2
  • 注文コード:235940

内容紹介

●生理学的予備力の乏しい子どもの危機的な病態を見極め,子どもと家族の双方に対して提供すべき看護について解説.
●まず, “救命の連鎖”に即して子どもの蘇生を解説.とくに「小児一次救命処置(PBLS)」「小児救急二次救命処置(PALS)」について詳述した.次に,急性期場面において,迅速に評価・判断・対応するためのポイントを「初期評価(第一印象での評価)」「一次評価(ABCDE)」「二次評価(SAMPLE)」「三次評価(診断的検査)」としてまとめた.
●よく見られる「心肺停止」「頭部外傷」「熱傷」「溺水」「誤飲・誤植」「呼吸苦」「低血糖」「熱性けいれん」「嘔吐・下痢」「紫斑」「感染症」「虐待」については,病態の特徴を解説し,それぞれ事例をあげて,そのアセスメントと看護のポイントを示した.
●さらに,小児急性期医療で遭遇する機会が多く,総合的で複合的な対応が求められる子どもの虐待や,いじめを原因とする自殺についても言及している.

目次

I 子ども急性期看護
II 子どもの蘇生
III 子どもと家族の段階的なアセスメントと対応
IV 病態別のアセスメントと看護
V 危機的な心理状態にある家族への心理社会的支援
VI 日常生活における子どもの危険を回避するための看護

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

伊藤龍子 編著/大沼仁子齊藤修原口昌宏吉野尚一 著