やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

3,300円(税込)
品切れ

医師・ナースのための 臨床交流分析入門 2版

発行時参考価格 3,000円
  • 総頁数:288頁
  • 判型:A5判
  • 発行年月:2000年11月
  • ISBN978-4-263-20143-5
  • 注文コード:201430

内容紹介

患者が自己認識を得るのを助ける方法としての交流分析法を,心身医学の最新動向を踏まえ,さらに実際例をもとに,やさしく解説した入門書.医師,ナースに最も必要とされている必携書.

目次

第2版はじめに
第1版はじめに
第1章 交流分析(transactional analysis;T)
第2章 自我状態
第3章 ストローク
第4章 基本的な構え
第5章 時間の構造化
第6章 構造分析
第7章 エゴグラムとOKグラム
第8章 交流パターン分析
第9章 ゲーム分析
第10章 ラケット感情
第11章 ゲームの扱い方
第12章 脚本分析
第13章 わが国における交流分析の今後の展望
第14章 示唆に富む症例
本書のための参考文献
心身症を対象とした交流分析の参考文献
わが国で発行されている主な交流分析の著書および訳書
Eric Berneの主要論文および著書(年代順)
索引

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者略歴】
杉田峰康(すぎたみねやす)
 1933年 東京に生まれる
 1957年 アメリカ・G.V.ルーテル大学卒業(キリスト教学専攻)
 1960年 アメリカ・コンコルディヤ大学卒業(心理学,ケースワーク専攻)
 1962年 アメリカ・イリノイ大学大学院終了(精神医学的ケースワーク専攻)
 以後,帰国までイリノイ大学付属病院にて精神療法研修
 1963年 九州大学医学部心療内科助手
 1971年 同講師
 1983年 活水女子大学教授(心理学)
 1994年 福岡県立大学教授
 1997年 同大学院教授(臨床心理学)
 現在に至る
 日本心身医学会評議員,元日本精神分析学会運営委員,日本交流分析学会常任理事,九州大学医学部非常勤講師 等

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

杉田峰康 著

関連領域からさがす