医歯薬出版のページサイトマップ
プラクティス   TOP最新号別冊・書籍バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧プラクティス > Vol.34 No.1
34巻1号 2017年1月号
特集 知って得するケトン体の不思議
−ケトン体:敵か,味方か?−
特集にあたって
●ケトン体:敵か,味方か?
 血中ケトン体の増加は,著しいインスリン作用不足などが存在する場合,糖尿病ケトアシドーシスや清涼飲料水ケトーシスなど重篤な急性合併症を引きおこすことから,糖尿病患者では絶対にさけるべき状態とされてきた.ところが近年,ケトン体が効率のよいエネルギー基質であるばかりでなく,シグナル伝達分子としてのはたらきやヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)活性阻害を介した転写調節を担っていることなど,多面的な作用をもつ機能分子であることが明らかとなってきた.
 一方,従来からケトン食には抗てんかん作用が知られており,神経保護作用が想定されていた.また,最近上市されたSGLT2 阻害薬はケトン体上昇を伴うが,SGLT2 阻害薬であるエンパグリフロジンを用いた大規模臨床試験EMPA-REG outcome trial では心血管死や心不全の抑制効果が認められており,ケトン体による心筋保護作用がメカニズムのひとつとして提唱されている.さらにマウスを用いた研究では,前述のHDAC 阻害により転写因子FoxO の発現増加を介した抗老化作用も認められている.
 このような生体にとって有益な作用は,低炭水化物・高脂肪食,炭水化物の利用を阻害する薬物摂取,絶食(間欠的絶食を含む)などによって惹起されるものと考えられる.したがって,このような作用を糖尿病やその合併症の治療に応用する場合には,適切な栄養素の摂取比率や量,その食べかたについて明らかにする必要がある.またHDAC 阻害薬など,ケトン体作用の一部を模倣する薬剤の効果やそのメカニズムについても検証していくべきと考えられる.
 さらに重要なこととして,絶食などで惹起される血中ケトン体濃度と糖尿病ケトアシドーシスでみられるケトン体濃度はあまり変わらないにもかかわらず,後者では重篤なアシドーシスをもたらすメカニズムがかならずしも明らかではなく,安全かつ有効にケトン体を糖尿病患者の治療に役立てるためにも,より正確な病態の理解が必要となってくる.
 以上のような観点から,本特集ではケトン体の産生・代謝・作用メカニズム,神経や心筋に対する保護作用,HDAC 活性阻害と抗老化作用,糖尿病の急性合併症としての糖尿病ケトアシドーシスと清涼飲料水ケトーシスについて,それぞれの分野における第一人者の先生方から最新の知見を解説いただいた.現在話題沸騰のケトン体ワールドの概要を理解でき,ケトン体を恐れ過ぎることなくうまく活用し,またどのような場合にその上昇を監視すべきかなど日常臨床にとっても有益な情報が得られる,まさに「知って得する」内容になっている.是非ご一読いただきたい.(国立国際医療研究センター 糖尿病研究センター 植木浩二郎)
目 次
MAIN THEME 特集  知って得するケトン体の不思議―ケトン体:敵か,味方か?― 
(扉)ケトン体:敵か,味方か?  植木浩二郎  13
ケトン体産生のメカニズム  酒井寿郎  15 詳細
1型糖尿病におけるケトアシドーシスの成因・病態・治療  大久保佳昭・他  21 詳細
清涼飲料水ケトーシスの病態・診断・治療  山田研太郎  27 詳細
HDAC活性阻害を介したケトン体の抗老化作用  西田友哉  31 詳細
ケトン食・ケトン体による神経保護作用  井上剛・他  36 詳細
ケトン体の心保護作用  勝海悟郎・他  41 詳細
医師・医療スタッフが行く 全国病院・クリニック訪問  JA 長野厚生連佐久総合病院 佐久医療センター 糖尿病・内分泌内科 
積み重ねた歴史と新たなる飛躍とを両輪として進行形で成長する理想郷  取材/栗原進  6 
FORUM 
病因と診断 
第1回 糖尿病の分類と診断  矢部大介  50 
合併症I―脂質異常症 
第1回 脂質からみた心血管リスク管理  後藤田貴也  53 
合併症II―内分泌疾患 
第1回 2型糖尿病患者における潜在性クッシング症候群のスクリーニング  和田典男  56 
薬剤 
第1回 製剤と服薬アドヒアランス  内田信也  60 
食事 
第1回 糖質制限食の有効性と課題  金澤昭雄  63 
運動 
第1回 低強度身体活動・座位行動とウエアラブル端末  勝川史憲  66 
検査 
第1回 糖尿病の検査・HbA1c (1)HbA1cの国際標準化  村上正巳  69 
OVERSEAS 
末期腎不全の予防に対する厳格な血糖管理の長期的なベネフィット:ADVANCE-ON試験  阿部孝洋・他  73 
SERIES  糖尿病と保険診療 
第28回 糖尿病と人工腎臓,慢性維持透析患者外来医学管理料  中島尚登  76 
SPOT  眠りと代謝と体内時計 
第1回 日本人の睡眠の変化とその影響  海老澤尚  82 
糖尿病の療養指導Q&A 
糖尿病患者における尿定性検査および尿沈渣所見の見かた  小内友紀子  84 
外国人糖尿病患者対応のポイント  岸本美也子  87 
CLINICAL REPORT 
血糖自己測定用穿刺器具ナチュラレットEZの操作性・安全性・利便性に関する検討  土田由紀子・他  91 
CIRCLE  リス☆カン フライデー レポート 
#30 リス☆カン in 宮城県栗原市  岸本美也子・他  97 
CONGRESS 
第63回 全国臨床糖尿病医会学術集会  新井桂子・他  107 
WHITE BOARD 
第10回日本看護倫理学会学術集会  59
第34回日本東方医学会  62
(社)東京臨床糖尿病医会 第154 回例会・(社)東京臨床糖尿病医会 第156 回特別例会「演題募集」のお知らせ  68
知って得するケトン体の不思議
34巻1号 2017年1月15日
隔月刊(A4判,120頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:003401
雑誌コード:17729-01
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.