医歯薬出版のページサイトマップ
プラクティス   TOP最新号別冊・書籍バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧プラクティス > Vol.32 No.4
32巻4号 2015年7月号
特集 インスリン抵抗性をどう評価し,どう活かすか?
−中枢神経から標的臓器まで−
はじめに
 近年,“patient centered”な糖尿病治療が提唱され,個々の患者に合った治療介入が求められている.患者の個別性を考えた治療を行う場合の切り口のひとつに「インスリン抵抗性」があり,現在の診療でもHOMA-R やBMI,腹囲などでインスリン抵抗性の有無などを評価し,介入方法を検討するときの参考にしている.しかし,現在日常診療で多く行われているインスリン抵抗性の捉えかただけでは,個別化を目指した治療を行ううえで必ずしも十分でない.
 その一例として,「インスリン抵抗性改善薬」として分類されているメトホルミンとピオグリタゾンに関する問題が挙げられる.たしかにピオグリタゾンは肥満がありHOMA-R が高くインスリン抵抗性が強い患者でより効果が高いことが示唆されているが,メトホルミンでは非肥満者でHOMA-R がそれほど高くない患者においても効果を認める.
 「インスリン抵抗性改善薬」に分類されたこれら2 剤の対極的な作用を説明するには,肝臓・骨格筋といった「臓器別」のインスリン抵抗性の理解が不可欠である.つまり,ピオグリタゾンは主に骨格筋のインスリン抵抗性を改善するため,肥満やHOMA-R で判断される骨格筋インスリン抵抗性がある患者で効果が高い.一方,メトホルミンは主に肝糖放出を抑制し血糖降下作用を発揮するが,肝糖放出は必ずしも肥満に伴って増加するとは限らない.むしろ,肝糖放出はグルカゴンの増加やインスリン分泌の低下に,より直接的な影響を受ける.近年,多くの研究がなされ,臓器別のインスリン抵抗性の概念やメカニズムがかなり明らかになってきた.今後は研究レベルだけではなく,“patient centered”な糖尿病治療を進めるうえで臓器別の代謝障害の理解は臨床上より必要となる概念と考えられる.
 また,非肥満者が多いわが国の2 型糖尿病患者におけるインスリン抵抗性の位置づけは,いまだ不明の部分を多く残してきたが,近年の糖脂質代謝の人種差に関する新知見により,わが国におけるインスリン抵抗性の意義がより明確となりつつある.また,睡眠が糖代謝に与える影響が分子レベルで明らかになりつつあり,食事・運動に加えて,睡眠は今後の糖代謝管理における重要な生活習慣介入因子としてより注目されるべきであろう.
 このような背景から本特集では「インスリン抵抗性」について,最新の知見から医療従事者が明日から活かせる視点で,各領域のエキスパートの先生方にご執筆を依頼させていただいた.本特集が,日常診療の一助となれば幸いである.(順天堂大学大学院医学研究科 代謝内分泌内科学/スポートロジーセンター,順天堂大学国際教養学部 グローバルヘルスサービス領域 田村好史)
目 次
MAIN THEME 特集  インスリン抵抗性をどう評価し,どう活かすか?―中枢神経から標的臓器まで― 
(扉)インスリン抵抗性をどう評価し,どう活かすか?―中枢神経から標的臓器まで―  田村好史  399
臓器別のインスリン抵抗性の発生メカニズムと臨床的意義  田村好史  401 詳細
インスリン抵抗性の人種差から考える日本人糖尿病の病態  大杉満  410 詳細
インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬)をどう使うか?  薄井勲  418 詳細
肝糖代謝改善を目指した薬物療法  坂口一彦・他  425 詳細
睡眠とインスリン抵抗性―オレキシンによる糖代謝調節―  笹岡利安・他  433 詳細
医師・医療スタッフが行く 全国病院・クリニック訪問  東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科 フットケア外来 
足を治すだけでなく,患者のよき人生のためのフットケア  取材/市來祐里恵  372 
FORUM 
病因と診断 
第1回 腸内細菌(1)腸内細菌の分類とエネルギー代謝異常症における特徴  入江潤一郎  377 
合併症I―神経障害 
第1回 糖尿病神経障害とは―その診断と成因について―  神谷英紀  380 
合併症II―腎と糖代謝 
第1回 糖代謝における腎の役割  森克仁・他  383 
薬剤 
第1回 糖尿病薬(1)インスリン分泌促進系  勝呂美香・他  387 
食事 
第1回 糖尿病食事療法の基本  山本浩司  391 
運動 
第1回 身体活動と糖尿病(1)運動と身体活動  澤田亨  393 
自己管理 
第1回 自己管理を前提とした1型糖尿病治療  伊藤新  396 
PUBLICATION 
『インスリンポンプとCGM―糖尿病をうまく管理するためのガイド』情熱を注いで翻訳されたインスリンポンプ治療のバイブル  南昌江  439 
OVERSEAS 
糖尿病およびHbA1c値と消化管症状の関連性  井花庸子・他  440 
ESSAY(歴史)  糖尿病臨床・研究の歴史をひもとく 
22 インスリン製剤中の不純物とモノコンポーネント・インスリンの誕生  葛谷健  444 
SERIES  糖尿病と保険診療 
第19回 糖尿病外来診療にかかわる診療報酬行為―特定疾患療養管理料を中心に―  中島尚登  450 
SPOT  たばこと糖尿病と健康寿命 
第4回 世界禁煙デー・禁煙週間を知っていますか?  望月友美子  454 
糖尿病の療養指導Q&A 
外来における職種間連携と患者の継続指導への工夫  紅林昌吾  456 
グルカゴン受容体拮抗薬  石原寿光  459 
CIRCLE  リス☆カン フライデー レポート 
速報 第58回日本糖尿病学会年次学術集会で療養指導実践道場を開催  461 
CONGRESS 
第60回 全国臨床糖尿病医会学術集会  加藤光敏・他  467 
(社)東京臨床糖尿病医会 第146回例会  菅野一男  473 
WHITE BOARD 
第23回西日本肥満研究会のご案内
同時開催:第3回肥満症治療講習会  379
(社)東京臨床糖尿病医会第148回特別例会  386
第15回日本先進糖尿病治療研究会ご案内  398
インスリン抵抗性をどう評価し,どう活かすか?
32巻4号 2015年7月15日
隔月刊(A4判,120頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:003204
雑誌コード:17729-07
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
この本を買った人はこんな本も買っています
糖尿病のすべて  
糖尿病のすべて

門脇孝 企画
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.