医歯薬出版のページサイトマップ
糖尿病プラクティス   TOP最新号別冊・書籍バックナンバー年間定期購読
糖尿病腎症
−予後改善とレミッションを目指して−
34巻3号 2017年5月15日 p.235-240
MAIN THEME 特集 糖尿病腎症―予後改善とレミッションを目指して― 糖尿病性腎症の診断・病期分類:現状と問題点 守屋達美・他
はじめに
 2014 年1 月に糖尿病性腎症(以下,腎症)の新しい病期分類「糖尿病性腎症病期分類2014」が発表された.これは,従来の腎症の病期分類3)を糖尿病性腎症の診断・病期分類:現状と問題点踏襲し,そのうえで慢性腎臓病(CKD)の重症度分類との整合性を保ち,日本人糖尿病の予後データを根拠にした腎症の病期分類である.以前の病期分類では病期を分類できない糖尿病患者が存在(後述)したが,「糖尿病性腎症病期分類2014」では糖尿病患者を表中のどこかに分類することは可能になった.しかし,同時に腎症の鑑別診断を十分に行わず安易に病期を分類してしまう状況が生じるなど,いくつかの問題はまだ残っている.
 本稿では,新たな腎症病期分類の特徴や問題点を概説する.なお,以前の腎症病期分類を「旧分類」,腎症病期分類2014 を「新分類」と称する.……(雑誌本文は続きます)
MAIN THEME 特集 糖尿病腎症―予後改善とレミッションを目指して― 糖尿病性腎症の診断・病期分類:現状と問題点 守屋達美・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
糖尿病腎症
34巻3号 2017年5月15日
隔月刊(A4判,120頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:003403
雑誌コード:17729-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
実践 チーム医療論
インタープロフェッショナル・ヘルスケア 実践 チーム医療論 実際と教育プログラム
水本清久 ほか編著

定価 3,300円(本体 3,000円+税10%)B5判 304頁 2011年10月発行
注文コード:235570
ISBN978-4-263-23557-7

●チーム医療について,その基本と実践を解説!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.