医歯薬出版のページサイトマップ
糖尿病プラクティス   TOP最新号別冊・書籍バックナンバー年間定期購読
糖尿病の一次,二次,三次予防
−エビデンスが導くもの−
32巻5号 2015年9月15日 p.552-558
MAIN THEME 特集 糖尿病の一次,二次,三次予防―エビデンスが導くもの― 糖尿病の三次予防―糖尿病患者の予後を改善するために― 森田あい・他
はじめに
 平成24 年「国民健康・栄養調査」によると,「糖尿病が強く疑われる者」と「糖尿病の可能性を否定できない者」をあわせると約2,050 万人と推計される.両者をあわせると人口の約16% に上り,いまや糖尿病は国民病ともいえる.日本では第二次世界大戦以降,主に過食・運動不足などの生活習慣により2 型糖尿病が急増し,糖尿病がより一般的な病気となった.
 しかしその歴史は古く,紀元前16 世紀,古代エジプトの古文書にはじめて糖尿病らしき記述がみられる.日本では,平安時代の藤原道長がはじめての糖尿病患者と考えられている.長いあいだその原因や治療法は不明であり,人類にとって糖尿病は「死の病」であった.しかし,19 世紀後半から近代医学の進歩により糖尿病の病態が徐々に明らかにされ,そして20 世紀はじめにカナダの整形外科医フレデリック・バンティングと医学生のチャールズ・ベストが膵臓からインスリンの抽出に成功したことで,糖尿病の治療法は大きく前進した.それまで極端な糖質制限しか治療法がなく,死を待つのみであった糖尿病患者が,比べものにならないほど自由に生活できるようになったのである.しかし,慢性高血糖により引きおこされる血管合併症の発症を完全に抑制することはできず,これはさまざまな糖尿病治療薬が開発されてきた現代においても同様であり,糖尿病が「不治の病」であることに変わりはない.近年では医学の進歩などにより平均寿命が延長しており,網膜症や腎障害,神経障害などの細小血管障害や,心筋梗塞や脳梗塞,下肢閉塞性動脈硬化症などの大血管障害は,糖尿病患者のQOL や健康寿命を左右する大きな要因になると考えられる.
MAIN THEME 特集 糖尿病の一次,二次,三次予防―エビデンスが導くもの― 糖尿病の三次予防―糖尿病患者の予後を改善するために― 森田あい・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
糖尿病の一次,二次,三次予防
32巻5号 2015年9月15日
隔月刊(A4判,120頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:003205
雑誌コード:17729-09
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.