医歯薬出版のページサイトマップ
糖尿病プラクティス   TOP最新号別冊・書籍バックナンバー年間定期購読
糖尿病の一次,二次,三次予防
−エビデンスが導くもの−
32巻5号 2015年9月15日 p.521-528
MAIN THEME 特集 糖尿病の一次,二次,三次予防―エビデンスが導くもの― 糖尿病の一次予防―地域住民コホート研究から見えてくるもの― 黒谷佳代・他
はじめに
 戦後数十年で日本を含む世界の多くの国・地域で糖尿病が急増した.その背景には,経済発展に伴う社会環境の変化による運動不足と肥満の蔓延がある.2003年,世界保健機関がまとめた生活習慣と慢性疾患の予防に関する報告書では,糖尿病リスクは肥満により高まること,反対に運動により低下することが「確実」とされている.食要因では,食物繊維がリスク低下に,また飽和脂肪酸がリスク上昇にはたらくことが「ほぼ確実」と判定された.
 2 型糖尿病の発症メカニズムとして,摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ることにより肥満をきたし,インスリン抵抗性が上昇することがよく知られる.一方,日本人は欧米人に比べ肥満者が少ない割には糖尿病患者が多く,その理由として,日本人のインスリン分泌能が低いことが指摘されている.このような体質的な違いのため,同じ環境要因に曝露されても糖代謝への影響は欧米人とは異なるかもしれない.また,日本人がよく摂取する米飯や魚,大豆製品などの食品と糖尿病との関連にも興味がもたれる.こういった点を解明することは,日本人に適した糖尿病予防法の開発に役立つであろう.
 日本人における糖尿病の一次予防に資するため,本稿では,地域住民を対象にした大規模前向き研究である「多目的コホート研究(JPHC Study)」(主任研究者:津金昌一郎〈国立がん研究センターがん予防・検診研究センター長〉)の知見を概説する.
MAIN THEME 特集 糖尿病の一次,二次,三次予防―エビデンスが導くもの― 糖尿病の一次予防―地域住民コホート研究から見えてくるもの― 黒谷佳代・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
糖尿病の一次,二次,三次予防
32巻5号 2015年9月15日
隔月刊(A4判,120頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:003205
雑誌コード:17729-09
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.