やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

言語聴覚士テキスト 第3版

(第3版第1刷:2018年3月25日発行,第3版第2刷:2018年5月25日発行,第3版第3刷:2018年10月10日発行,第3版第4刷:2019年6月20日発行,第3版第5刷:2020年3月5日発行,第3版第6刷:2021年1月10日発行)

正誤表

 この度は,上記書籍をご購入くださいまして誠にありがとうございました.
 以下の箇所に関して誤りがございましたので,ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます.

2021年2月9日更新

箇所
120 右段下から16行目 クレアチニンキナーゼ(CK) クレアチンキナーゼ(CK)
191 表1:子音(肺気流)の唇歯音×弾き音 なし(ブランク)
423 中段下から2行目 クレアチニンキナーゼ クレアチンキナーゼ

(第3版第1刷:2018年3月25日発行,第3版第2刷:2018年5月25日発行,第3版第3刷:2018年10月10日発行,第3版第4刷:2019年6月20日発行,第3版第5刷:2020年3月5日発行)

正誤表

 この度は,上記書籍をご購入くださいまして誠にありがとうございました.
 以下の箇所に関して誤りがございましたので,ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます.

2021年4月23日更新

箇所
253 表1 厚生労働省令で定める範囲  音声機能に係る検査及び訓練(他動運動若しくは抵抗運動を伴うもの又は薬剤若しくは器具を使用するものに限る)
 言語機能に係る検査及び訓練(他動運動若しくは抵抗運動を伴うもの又は薬剤若しくは器具を使用するものに限る)
 耳型の採型
 補聴器装用訓練
三 眼振電図検査(冷水若しくは温水,電気又は圧迫による刺激を加えて行うものを除く)
四 重心動揺計検査
 音声機能に係る検査及び訓練(他動運動若しくは抵抗運動を伴うもの又は薬剤若しくは器具を使用するものに限る)
 言語機能に係る検査及び訓練(他動運動若しくは抵抗運動を伴うもの又は薬剤若しくは器具を使用するものに限る)
 耳型の採型
 補聴器装用訓練
374 表5:気管食道瘻発声/手の使用 なし 片手
378 表1:高木ら/3:0〜3:5 w, j, m, p, t, dɡ, tʃ, dʒ w, j, m, p,b, t, d, ɡ, tʃ, dʒ
378 表1:高木ら/4:6〜4:11 b なし(ブランク)
378 表1:高木ら/5:0〜5:5 dz なし(ブランク)
378 表1:高木ら/5:6〜5:11 なし(ブランク) dz

(第3版第1刷:2018年3月25日発行,第3版第2刷:2018年5月25日発行,第3版第3刷:2018年10月10日発行,第3版第4刷:2019年6月20日発行)

正誤表

 この度は,上記書籍をご購入くださいまして誠にありがとうございました.
 以下の箇所に関して誤りがございましたので,ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます.

2020年1月14日更新

箇所
98 左段上から8行目 味蕾は舌前方に分布する糸状乳頭,舌尖,舌体に分布する茸状乳頭 味蕾は舌尖,舌体に分布する茸状乳頭
195 表3:軟口蓋の破裂音,鼻音 ɡ
195 表3:後舌母音 m ɯ

(第3版第1刷:2018年3月25日発行,第3版第2刷:2018年5月25日発行,第3版第3刷:2018年10月10日発行)

正誤表

 この度は,上記書籍をご購入くださいまして誠にありがとうございました.
 以下の箇所に関して誤りがございましたので,ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます.

2019年12月4日更新

箇所
157 右段下から6行目 WIPPSI WPPSI
300 左段上から10行目 発達指数 知能指数
302 右段上から11行目 児前期 児前期
302 右段下から8〜9行目 「パンダ洗う」 「パンダ洗う」
304 左段上から6〜7行目 大人が子どものしていること 大人が自分のしていること
437 右段下から12行目(索引) WIPPSI WPPSI

(第3版第1刷:2018年3月25日発行,第3版第2刷:2018年5月25日発行)

正誤表

 この度は,上記書籍をご購入くださいまして誠にありがとうございました.
 以下の箇所に関して誤りがございましたので,ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます.

2018年11月22日更新

箇所
209 右段下から5行目 帯域分析 帯域分析
209 右段下から4行目 帯域分析 帯域分析
334 右段上から1行目 音圧レベル60dBの純音入力 50dBの入力音圧レベル
334 右段上から7〜8行目 音圧レベル60dBの純音入力の規準周波数における音響利得 60dBの入力音圧レベルに対する音響利得の高周波数平均値
334 右段上から17〜18行目 規準周波数が変更された. 規準周波数という用語はなく,1,000Hz,1,600Hz,2,500Hzの平均値を代表値とする高周波数平均値という用語に変更された.
338 図2 蝸牛外ポール電極 蝸牛外ボール電極

(第3版第1刷:2018年3月25日発行)

正誤表

 この度は,上記書籍をご購入下さいまして誠にありがとうございました.
 以下の箇所に関して誤りがございましたので,ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます.

2018年11月22日更新

箇所
ID 右段下から17行目(目次) 発声メカニズム 発生メカニズム
147 右段上から6行目 ヤング・ヘルツホルム ヤング・ヘルムホルツ
392 左段上から3行目(見出し部分) 発声メカニズム 発生メカニズム
434 右段上から16行目(索引) ヤング・ヘルツホルム ヤング・ヘルムホルツ