やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

最新臨床検査学講座
臨床微生物学

(第1版第2刷:2018年1月10日発行)

正誤表

 この度は,上記書籍をご購入下さいまして誠にありがとうございました.
 以下の箇所に関し誤りがございましたので,ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます.

2018年11月27日更新

箇所
22 上から8行目 McF5:1.2×109 McF5:1.5×109
38 上から16行目 5〜10% 3〜10%
57 表1-B-22 中水準消毒の消毒薬 ポピドンヨード ポビドンヨード
62 表1-B-23 カルバペネム系の代表的抗菌薬   シラスタチン(CS)を削除
62 表1-B-23 オキサゾリジノン系の作用機序 細胞壁合成阻害 蛋白合成阻害
131 表2-A-c1-2 タイトル 主なEcherichia属と〜 主なEscherichia属と〜
141 上から10行目 マッコンキー寒天培地,DHL寒天培地では,紫ピンク〜赤ピンク色の集落 マッコンキー寒天培地では培地色の集落,DHL寒天培地では紫ピンク〜赤ピンク色の集落
142 上から5行目 両性状とも陽性 運動性は陽性,VP反応は陰性
147 上から4行目 indol-pyruvic acid indole-pyruvic acid
153 下から11行目 条件化 条件下
159 表2-A-c4-1 H. parahaemolyticusの溶血性
194 下から4行目 運動性あり 運動性陰性
197 1行目タイトル g.グラム陽性,好酸性の桿菌 g.グラム陽性,抗酸性の桿菌
361 361ページ 下から3行目,2行目 陽性(赤色):(略),Proteus mirabilisなど.
陰性(無変化):(略),Proteus vulgarisなど.
陽性(赤色):(略),Proteus vulgarisなど.
陰性(無変化):(略),Proteus mirabilisなど.
365 下から7行目 サイクリックAMP(cAMP)因子 CAMP因子
365 下から6行目 cAMP因子産生菌 CAMP因子産生菌

(第1版第1刷:2017年2月20日発行)

正誤表

 この度は,上記書籍をご購入下さいまして誠にありがとうございました.
 以下の箇所に関し誤りがございましたので,ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます.

2019年2月5日更新

箇所
5 下から2行目
22 上から8行目 McF5:1.2×109 McF5:1.5×109
38 上から16行目 5〜10% 3〜10%
57 表1-B-22消毒薬「クロルヘキシジン」の消毒対象物 環境,金属器具,非金属器具,手指・皮膚,粘膜,排泄物汚染(△) 環境,金属器具,非金属器具,手指・皮膚,排泄物汚染(△)
57 表1-B-22消毒薬「逆性石鹸」「塩化ベンザルコニウム」等の消毒対象物 環境,金属器具,非金属器具,手指・皮膚 環境,金属器具,非金属器具,手指・皮膚,粘膜
57 表1-B-22消毒薬「塩化アルキルジアミノエチルグリシン」「塩化アルキルポリアミノエチルグリシン」の消毒対象物 環境,金属器具,非金属器具,手指・皮膚,粘膜,排泄物汚染(△) 環境,金属器具,非金属器具,手指・皮膚,粘膜
57 表1-B-22消毒薬「塩化アルキルジアミノエチルグリシン」 塩化アルキルジアミノエチルグリシン アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩
57 表1-B-22消毒薬「塩化アルキルポリアミノエチルグリシン」 塩化アルキルポリアミノエチルグリシン アルキルポリアミノエチルグリシン塩酸塩
57 表1-B-22 中水準消毒の消毒薬 ポピドンヨード ポビドンヨード
60 下から3行目 MICと同等もしくは低値 MICと同等もしくは高値
60 下から2行目 MIC値以下 MIC値以上
62 表1-B-23 カルバペネム系の代表的抗菌薬   シラスタチン(CS)を削除
62 表1-B-23 オキサゾリジノン系の作用機序 細胞壁合成阻害 蛋白合成阻害
62 表1-B-23 ポリペプチド系の作用機序 細胞壁合成阻害 細胞膜機能障害(細胞膜障害)
62 表1-B-23 リポペプチド系の作用機序 細胞壁合成阻害 細胞膜機能障害(細胞膜障害)
64 上から11行目 殺菌的 静菌的
64 下から12行目 腸チフスを含むサルモネラ(第一選択薬) 腸チフスを含むサルモネラ
109 上から16行目 好塩性 耐塩性
130 図2-A-c1-1 出典の記載もれ (小栗豊子編:臨床微生物検査ハンドブック.第4版,三輪書店,2011を一部改変)
131 表2-A-c1-2 タイトル 主なEcherichia属と〜 主なEscherichia属と〜
133 側注 EAECに関連する血清型 EHECに関連する血清型
136 上から6行目および7行目,および表2-A-c1-4 enterica serotype enterica serovar(またはserotype)
141 上から10行目 マッコンキー寒天培地,DHL寒天培地では,紫ピンク〜赤ピンク色の集落 マッコンキー寒天培地では培地色の集落,DHL寒天培地では紫ピンク〜赤ピンク色の集落
142 上から5行目 両性状とも陽性 運動性は陽性,VP反応は陰性
147 上から4行目 indol-pyruvic acid indole-pyruvic acid
153 下から11行目 条件化 条件下
154 上から9行目 10%では発育しない 10%でも発育する
158 写真2-A-c4-1 (順天堂大学医学部附属順天堂医院・三澤成毅氏) (順天堂大学医学部附属順天堂医院・長南正佳氏)
159 表2-A-c4-1 H. parahaemolyticusの溶血性
159 写真2-A-c4-3 (順天堂大学医学部附属順天堂医院・三澤成毅氏) (順天堂大学医学部附属順天堂医院・長南正佳氏)
160 写真2-A-c4-4 (順天堂大学医学部附属順天堂医院・三澤成毅氏) (順天堂大学医学部附属順天堂医院・長南正佳氏)
160 上から11行目 β-ラクタマーゼ非産生 β-ラクタマーゼ産生
193 上から12行目 E.husiopathiae E.rhusiopathiae
194 下から4行目 運動性あり 運動性陰性
197 1行目タイトル g.グラム陽性,好酸性の桿菌 g.グラム陽性,抗酸性の桿菌
361 361ページ 下から3行目,2行目 陽性(赤色):(略),Proteus mirabilisなど.
陰性(無変化):(略),Proteus vulgarisなど.
陽性(赤色):(略),Proteus vulgarisなど.
陰性(無変化):(略),Proteus mirabilisなど.
365 下から7行目 サイクリックAMP(cAMP)因子 CAMP因子
365 下から6行目 cAMP因子産生菌 CAMP因子産生菌
370 最終行 5×105 CFU/ウェル 5×104 CFU/ウェル