• ホーム
  • 医学
  • 薬学
  • 臨床検査
  • 臨床工学
  • リハビリテーション
  • 看護学
  • 栄養学
  • 東洋医学
  • 柔道整復
  • 介護・福祉
  • 歯科医学
  • 歯科衛生士
  • 歯科技工
  • カテゴリ一覧

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のためのポータルサイト「Ishiyaku Dent Web」

この本を買った人はこんな本も買っています

力を診る  

力を診る

市川哲雄・森本達也・熊谷真一 編

よくわかる口腔インプラント  

よくわかる口腔インプラント

松浦正朗・矢島安朝 編

口腔インプラント学  

口腔インプラント学

赤川安正・松浦正朗・矢谷博文・渡邉文彦 編

歯苦歯苦  

歯苦歯苦

北川原健 著

歯科診療室での患者急変対応ガイド  

歯科診療室での患者急変対応ガイド

池上敬一・長坂浩・高橋誠治・中島丘 著

ブラキシズム
歯ぎしり・咬みしめは危険!
品切れ

ブラキシズム 歯ぎしり・咬みしめは危険!

牛島隆・栃原秀紀・永田省藏・山口英司 著

お口の力に注意! 歯を失わないために!
ブラキシズムを解説した患者さん向けのビジュアルブック

発行時参考価格 2,400円

執筆者を表示する/関連著書の検索
  • 総頁数:40頁 / カラー
  • 判型:A4判変
  • 発行年月:2008年7月
  • ISBN978-4-263-46410-6
  • 注文コード:464100

目次を見る

序文を見る

見本を見る

復刊・再刊リクエストをする

友達に紹介する

書評を投稿する

内容紹介

●気づきにくい“ブラキシズム”をどのように発見したらよいか,また歯科医院や家庭で正しく対応することの大切さを,イラストレイテッドにわかりやすく説明した,絵本タイプの患者さん向けビジュアルブックです.
●なぜ歯が割れたり,補綴物がこわれたり,顎関節や筋が痛くなったりするのか.そして,その予防のための先回り処置がなぜ必要なのかなどをわかりやすく解説しています.
●自分のブラキシズムが,歯ぎしり型,咬みしめ型,きしませ型,混合型のどのタイプなのかがわかるよう,タイプ別の特徴をわかりやすく解説してありますから,患者さん自身がチェックできます.
●好評の待合室シリーズとともに,待合室に置くなどしてご活用ください.
●はじめに
(1)“ブラキシズム”を知っていますか?
(2)ブラキシズムはどうして問題なの?
(3)ブラキシズムは発見しにくい!
(4)チェックしてみましょう
(5)ブラキシズム・タイプ別特徴
(6)なぜ発見することが大切なのか?
(7)歯科医院で行うブラキシズムへの対応
(8)家庭で行うブラキシズムへの対応
(9)睡眠時無呼吸症候群(SAS)
(10)スポーツマウスガード(マウスピース)
(11)子どもの歯ぎしり・悪習癖
(12)ブラキシズム以外の悪習癖
(13)ブラキシズムの研究から
●あとがき
本書のパンフレットはこちら(PDFファイル 約421KB)

関連する本を探す