やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

著作権について

著作権についてのFAQ

 医歯薬出版の出版物の著作権について,よくある質問と回答(FAQ)をまとめました.小社にお問い合わせをいただく前に,ぜひご参照ください.
 さらにご不明な点があれば,小社出版総務部にお問い合わせください.なお,メールへの返信は,最大で1週間ほどお待ちいただく場合がございます.予めご了承ください.特にお急ぎの方は,タイトルに【至急】等,ご明記くださいますようお願いいたします.

■お問い合わせ先■
医歯薬出版株式会社 出版総務部(著作権担当)
〒113-8612 東京都文京区本駒込1-7-10
E-mail:copyright@ishiyaku.co.jp
FAX:03-5395-7631
TEL:03-5395-7604(お電話では許諾申請は受付しておりません)


質問一覧

■読者の皆様向け
Q1. 出版物をコピーして勉強会のメンバーに配布したい.
Q2. 出版物をスキャンして利用したい.
 
■企業・団体の皆様向け
Q3. 製品を紹介するパンフレットに出版物の内容を転載したい.
Q4. 会社が主催するセミナーで,参加者に出版物をコピーして配布したい.
Q5. 社内で出版物をスキャンし,データを共有したい.
 
■学校・教員の皆様向け
Q6. 学生が自宅で復習するためのe-learningの教材に,出版物の内容を利用したい.
Q7. 授業で使用するプレゼンテーションを作成するために,出版物の内容を利用したい.
 
■図書館の皆様向け
Q8. 購入した図書にDVD等の付録があるが,館外への貸し出しは可能か.
Q9. 購入した図書に付属していたソフトウェアを,館内の複数の端末にインストールして利用することは可能か.
 
■著者の皆様向け
Q10. 図版の「転載」と「引用」は何が違うのか.
Q11. 医歯薬出版の出版物から転載をしたい.許諾の手続きについて教えてほしい.
Q12. 医歯薬出版で発行した自分の出版物の内容を利用し,他の出版物に執筆したいが,著作権に関する手続きが必要か.
Q13. 自著を再利用する場合「二重投稿」が心配.
Q14. 医歯薬出版から発行する予定の出版物に,他社の出版物から図版を転載したいが,申請の書式等はあるか.
Q15. 自著の内容を,インターネット(機関リポジトリ等)で公開したい.

質問と回答

■読者の皆様向け
Q1. 出版物をコピーして勉強会のメンバーに配布したい.
A1. 日本医書出版協会のホームページ(http://www.medbooks.or.jp/copyright/copy/)に,適法なコピーの取り方について詳しく説明されておりますので,ご参照ください.
許諾の窓口は(社)出版者著作権管理機構(JCOPY)となります.
電話:03-3513-6969 FAX:03-3513-6979 e-mail: info@jcopy.or.jp
http://www.jcopy.or.jp/
 
Q2. 出版物をスキャンして利用したい.
A2. 無許諾でのスキャンは「私的使用のための複製」などの著作権法上の限られた例外を除き,禁止されておりますのでご注意ください.日本医書出版協会のホームページ(http://www.medbooks.or.jp/copyright/copywithoutpermission/)の「出版物の無許諾複製(複写・デジタル化)についての見解」が参考になりますので,ご一読ください.
 
■企業・団体の皆様向け
Q3. 製品を紹介するパンフレットに出版物の内容を転載したい.
A3. 許諾が必要です.下記の事項を書面に記載のうえ,小社出版総務部(転載許諾担当)までお送りください(メール,FAX可).また,可能な限り,転載元のコピーと転載先のゲラ等を添付してください.    
   ●転載元の情報
   ・転載を希望する著作物が掲載されている出版物名(雑誌の場合は巻号を明記)
   ・論文名/章・項名
   ・著者名/編者名
   ・頁,図表番号等,著作物を特定するための情報
   ・発行所
   ・発行年
   ●転載先の情報
   ・転載先の媒体名
   ・著者名
   ・配布対象
   ・作成部数
   ・発行予定時期
 
Q4. 会社が主催するセミナーで,参加者に出版物をコピーして配布したい.
A4. 許諾が必要です.窓口は(社)出版者著作権管理機構(JCOPY)となります.
電話:03-3513-6969 FAX:03-3513-6979 e-mail: info@jcopy.or.jp
http://www.jcopy.or.jp/
 
Q5. 社内で出版物をスキャンし,データを共有したい.
A5. 許諾が必要です.小社出版総務部まで直接お問い合わせください.
 
■学校・教員の皆様向け
Q6. 学生が自宅で復習するためのe-learningの教材に,出版物の内容を利用したい.
A6. 許諾が必要です.小社出版総務部まで直接お問い合わせください.
 
Q7. 授業で使用するプレゼンテーションを作成するために,出版物の内容を利用したい.
A7. 著作権法第35条には「学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く.)において教育を担任する者及び授業を受ける者は,その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には,必要と認められる限度において,公表された著作物を複製することができる」との規定があります.ここには,授業の過程で学生に提示するためのプレゼンテーションを作成する過程で行われる複製も,ある程度までは含まれると考えられます.ただし,出版物の内容をあらかじめスキャンして学内にデータを蓄積しておき,いつでも取り出せるようにするといった行為は「必要と認められる限度」には収まらない複製と考えられますので,ご注意ください.なお,著作権法第35条が適用されるかどうかを判断するため,関係団体によるガイドラインおよびフローチャートが公表されています.判断に迷う場合には,小社出版総務部までご相談ください.
 
■図書館の皆様向け
Q8. 購入した図書にDVD等の付録があるが,館外への貸し出しは可能か.
A8. レーベル面に「館外貸出不可」マークが表示されているものは,館外への貸し出しができません.付録を取り外し,図書のみを貸し出すことは可能です.
 
Q9. 購入した図書に付属していたソフトウェアを,館内の複数の端末にインストールして利用することは可能か.
A9. ソフトウェアは媒体1部につき1ライセンスが原則ですので,複数の端末へのインストールはお断りしております.なお,利用者向け共用端末へのソフトウェアのインストールについては,小社出版総務部までご相談ください.
 
■著者の皆様向け
Q10. 図版の「転載」と「引用」は何が違うのか.
A10. 他人の著作物を「転載」するためには,原則的に著作権者の許諾が必要です.その一方で,著作権法第32条では「公表された著作物は,引用して利用することができる.この場合において,その引用は,公正な慣行に合致するものであり,かつ,報道,批評,研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない.」と規定しており,この規定に当てはまれば,著作権者の許諾を得ることなく,著作物を「引用」することができます.
 「引用」を適切に行うための具体的な要件として,日本医書出版協会では以下の7つを挙げています.
 @「すでに公表された著作物であること」
 A「引用する『必然性』があること」
 B「引用部分が明瞭に区分されていること」
 C「引用部分とそれ以外の部分に『主従関係』があること」
 D「原則として,原形を保持して掲載すること」
 E「原著者の名誉や声望を害したり,原著者の意図に反した利用をしないこと」
 F「出所(出典)明示をすること」
 日本医書出版協会のホームページ「引用と転載について」(http://www.medbooks.or.jp/copyright/forauthor/quot.php)では,さらに詳しい解説をご覧になることができます.ぜひご一読ください.
 
Q11. 医歯薬出版の出版物から転載をしたい.許諾の手続きについて教えてほしい.
A11. 下記を書面に記載のうえ,小社出版総務部(転載許諾担当)までお送りください(メール,FAX可).また,可能な限り,転載元のコピーと転載先のゲラ等を添付してください.1週間以内にお返事できるように努力いたしますが,お急ぎの場合は,必ず【至急】である旨と締め切り日をお書き添えください.
   
   ●転載元の情報
   ・転載を希望する著作物が掲載されている出版物名(雑誌の場合は巻号を明記)
   ・論文名/章・項名
   ・著者名/編者名
   ・頁,図表番号等,著作物を特定するための情報
   ・発行所
   ・発行年
   ●転載先の情報
   ・著者名/編者名
   ・章・項/論文名
   ・書籍名/雑誌名(雑誌の場合は巻号)
   ・発行予定時期
 
Q12. 医歯薬出版で発行した自分の出版物の内容を利用し,他の出版物に執筆したいが,著作権に関する手続きが必要か.
A12. 出版契約の内容の確認,共著者の有無等,著作権法上考慮しなければならない点がございます.そのため,ご面倒ではありますが,転載許諾の申請をしていただいております.先生方の著作権を出版社間で適切に管理・保護し,将来のトラブルを予防するための措置ですので,ご理解とご協力をお願いいたします.なお,手続きの詳細については,A11をご参照ください.
 
Q13. 自著を再利用する場合「二重投稿」が心配.
A13. あらかじめ,すでに公表された著作物の出版元と,これから出版を予定する著作物の出版元にご相談されることをお勧めいたします.なお,日本医書出版協会のホームページに『「二重投稿」および「引用と転載」に関するQ&A』(http://www.medbooks.or.jp/copyright/forauthor/qa.php)が掲載されております.ぜひご一読ください.
 
Q14. 医歯薬出版から発行する予定の出版物に,他社の出版物から図版を転載したいが,申請の書式等はあるか.
A14. 小社にてひな型をご用意いたしました.書籍の場合,執筆者宛の申請書式は「書式A」,出版社宛は「書式B」,雑誌の場合,執筆者宛には「書式C」,出版社宛には「書式D」をご利用ください.出版社が著作者の権利を管理している場合が多いので,まずは出版社宛に申請されることをお勧めいたします.なお,それぞれの書式の英語版もございます(Wordファイルのみ).海外の出版社・執筆者に転載許諾を申請する際に,ご活用下さい.

「書籍 書式A」(執筆者宛て)
PDFファイル (65KB)
Wordファイル (21KB)  英語版 (33KB)
「書籍 書式B」(出版社宛て)
PDFファイル (68KB)
Wordファイル (21KB)  英語版 (33KB)
「雑誌 書式C」(執筆者宛て)
PDFファイル (65KB)
Wordファイル (21KB)  英語版 (33KB)
「雑誌 書式D」(出版社宛て)
PDFファイル (69KB)
Wordファイル (21KB)  英語版 (28KB)
 
Q15. 自著の内容を,インターネット(機関リポジトリ等)で公開したい.
A15. インターネットでの無償公開は出版物の販売等に影響を及ぼすことが予想されますので,担当編集者に必ずご相談ください.ご希望に沿えない場合があることも,予めご承知おきください.
 なお,機関リポジトリ等での公開申請にあたっては,著作者の権利保護の観点から,原則的に著作者ご本人による申請しか受け付けておりません.そのため,図書館職員等からの代理申請は,特別な場合を除いてお受けできませんのでご注意ください.