• ホーム
  • 医学
  • 薬学
  • 臨床検査
  • 臨床工学
  • リハビリテーション
  • 看護学
  • 栄養学
  • 東洋医学
  • 柔道整復
  • 介護・福祉
  • 歯科医学
  • 歯科衛生士
  • 歯科技工
  • カテゴリ一覧

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のためのポータルサイト「Ishiyaku Dent Web」

この本を買った人はこんな本も買っています

補綴臨床テクニカルノート  

補綴臨床テクニカルノート

河野正司・金田恒 著

矯正歯科治療 この症例にこの装置  

矯正歯科治療 この症例にこの装置

後藤滋巳・清水典佳・槇宏太郎・森山啓司・石川博之 編著

歯列・咬合の発育  

歯列・咬合の発育

朝田芳信・久保周平・福島俊士・小川匠・重田優子 編著

リンガルブラケット矯正法
審美的矯正の基礎と臨床
発売中

リンガルブラケット矯正法 審美的矯正の基礎と臨床

居波徹・相澤一郎・佐奈正敏・重枝徹・椿丈二・義澤裕二・吉田哲也 編著

リンガルブラケット矯正法のすべてがわかる!
リンガルブラケット矯正法に挑戦する人・したい人に必携の書!

定価 27,000円
(本体 25,000円+税8%)

買い物カゴへ追加 買い物カゴを見る

著者所属/略歴を見る

執筆者を表示する/関連著書の検索
  • 総頁数:304頁 / カラー
  • 判型:A4判変
  • 発行年月:2009年5月
  • ISBN978-4-263-43337-9
  • 注文コード:433370

目次を見る

序文を見る

見本を見る

注文書を印刷

友達に紹介する

書評を投稿する

内容紹介

●さまざまなタイプの不正咬合や一人ひとりの患者さんの個性・社会性を理解し,質の高い矯正治療を実現するためには,矯正歯科医は臨床において選択可能ないくつかの技術を持ち合わせている必要があります.
●リンガルブラケット矯正法は,表からは全く見えない審美的な矯正法で,唇側面のエナメル質や歯肉にダメージを与えないだけではなく,バイオメカニクスの面でも従来の唇側矯正と比較して有利な点が多いといわれており,幅広く適応されています.
●近年,リンガルブラケット矯正法の進歩・発展は続き,CBCT(Cone beam CT)を使用した三次元診断,CAD/CAMを使用した矯正技工,STbやIncognitoなどの新しいリンガルブラケット矯正装置の開発,ミニインプラントの応用など,さまざまな変化が起こっています.
●本書は,最新のリンガルブラケット矯正法の特徴,各種装置の特徴,バイオメカニクス,技工手順・装着手順,治療の実際を豊富な写真によってわかりやすくまとめました.また「審美」の側面からホワイトニングや補綴処置との連携など,リンガルブラケット矯正法に関する最新情報を整理しました.
●リンガルブラケット矯正法に挑戦する人・したい人に必携の一冊です.ご活用ください.
PART1 リンガルブラケット矯正法の特徴(居波 徹,義澤裕二)
PART2 装置について(相澤一郎)
PART3 診査,診断,治療計画,治療評価(吉田哲也,居波 徹)
PART4 バイオメカニクス(義澤裕二,椿 丈二)
PART5 技工操作(重枝 徹,佐奈正敏)
PART6 装着手順(佐奈正敏,重枝 徹)
PART7 治療の実際(居波 徹,吉田哲也)
PART8 患者管理・マネージメント(相澤一郎)
PART9 包括治療(椿 丈二,布川隆三)
症例集
本書のパンフレットはこちら(PDFファイル 約8.64MB)

関連する本を探す