やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

2,808円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

“見える化”医療経済学入門

定価 2,808円(本体 2,600円+税8%)
  • 総頁数:124頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2014年6月
  • ISBN978-4-263-20675-1
  • 注文コード:206750

●医療と“お金”のいまを理解するための決定版!

内容紹介

●医療スタッフにとって,現代医療を把握するに必須の“経済的視点”を得るのに格好の一冊!
●“病院可視化ネットワーク”活動を通して明らかになった知見を下敷きに,医療経済学の基本から最新トピックまで徹底解説!
●週刊「医学のあゆみ」の好評連載「初学者のための医療経済学入門」に加筆修正を加え,内容をアップデートした.

目次

1.国民医療費の構造分析
2.わが国の診療報酬制度の現状と課題
3.後期高齢者に関する医療費分析
4.特定保健指導で医療費は削減できるのか
5.視界ゼロを脱するかDPC/PDPS ──今後の政策・運営方針への示唆
6.DPC導入と外来抗がん剤治療の変化──1日定額払いによる“外来シフト”はあったのか
7.“ 医療の見える化”の現状と課題── P4Pは日本になじむか
8.クリニカルパスの普及は何をもたらすか──医療の標準化は可能か
9.症例数が多くなると医療成果は向上するのか
10.医師の技術料の国際比較
11.いわゆる混合診療は日本になじむか
12.どこまで公的医療保険で面倒みるか
13.セルフメディケーションの経済学
14.うつ病のコスト
15.求められる“救急医療の見える化”
16.地域包括ケアは連携か“範囲の経済”か
17.医療格差の現状と課題

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者略歴】
川渕孝一【かわぶちこういち】
1983年 一橋大学商学部商学科卒業
1987年 シカゴ大学経営大学院修士課程(MBA取得)修了
1989年 民間病院・企業を経て厚生省国立医療・病院管理研究所(現在の国立保健医療科学院)医療経済研究部勤務
1995年 同研究所主任研究官
1996年 国立社会保障・人口問題研究所 社会保障応用分析研究部主任研究官に併務
1998年 日本福祉大学経済学部経営開発学科 教授
2000年〜 東京医科歯科大学大学院医療経済学分野 教授

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

川渕孝一 著