• ホーム
  • 医学
  • 薬学
  • 臨床検査
  • 臨床工学
  • リハビリテーション
  • 看護学
  • 栄養学
  • 東洋医学
  • 柔道整復
  • 介護・福祉
  • 歯科医学
  • 歯科衛生士
  • 歯科技工
  • カテゴリ一覧

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のためのポータルサイト「Ishiyaku Dent Web」

この本を買った人はこんな本も買っています

歯科衛生士のための口腔機能管理マニュアル  

歯科衛生士のための口腔機能管理マニュアル

公益社団法人日本歯科衛生士会 監修

続5疾病の口腔ケア  

続5疾病の口腔ケア

藤本篤士・武井典子・東森秀年・糸田昌隆・大野友久・永田俊彦 編著

要介護者の義歯治療の勘所  

要介護者の義歯治療の勘所

下山和弘 著

メディカル・ダイアローグ入門  

メディカル・ダイアローグ入門

尾谷幸治・大野純一 著

歯科衛生士のための摂食・嚥下リハビリテーション
発売中

歯科衛生士のための摂食・嚥下リハビリテーション

公益社団法人日本歯科衛生士会 監修/金子芳洋 編集代表

摂食・嚥下リハビリテーションを初めて歯科衛生士の視点から整理・解説したテキスト

定価 3,240円
(本体 3,000円+税8%)

買い物カゴへ追加 買い物カゴを見る

著者所属/略歴を見る

執筆者を表示する/関連著書の検索
  • 総頁数:218頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2011年4月
  • ISBN978-4-263-42173-4
  • 注文コード:421730

目次を見る

序文を見る

見本を見る

正誤表・訂正

注文書を印刷

友達に紹介する

書評を投稿する

内容紹介

●生きるうえで最も基本的な活動の「食べること」をチームアプローチで支援する,摂食・嚥下リハビリテーション.この領域において口腔に関するスペシャリストである歯科衛生士はいつでも現場に対応できるよう,確実な知識と技術を備えておくことが求められています.
●本書は,摂食・嚥下リハビリテーションを歯科衛生士の視点から整理し,基礎を体系的にまとめました.
●メカニズムについては多数の図を用いて,口腔ケアや訓練法などについてはイラストや写真で示しながらビジュアルに解説し,無理のない理解を助ける構成になっています.
●基礎知識の確認や整理,教育に最適な一冊です.
序説 歯科衛生士と摂食・嚥下(金子芳洋)
1章 リハビリテーション総論
2章 摂食・嚥下のメカニズム
3章 摂食・嚥下障害とは
4章 摂食・嚥下リハビリテーションにおける歯科衛生ケアプロセス
5章 摂食・嚥下リハビリテーションと口腔ケア
6章 摂食・嚥下における間接訓練・直接訓練
7章 摂食・嚥下障害に対する食指導・食支援
8章 リスクマネジメント
9章 摂食・嚥下リハビリテーションにおける連携
本書のパンフレットはこちら(PDFファイル 約1.38MB)