医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 通常号
247巻6号 2013年11月9日
バゾプレシンと疾患
はじめに
AYUMI バゾプレシンと疾患 はじめに 大磯ユタカ
  視床下部・下垂体後葉系ホルモンであるarginine vasopressin(バゾプレシン)は,抗利尿ホルモンとして古くからその存在と機能が知られており,神経内分泌系の代表的で古典的なホルモンとして把握されていることが多い.
 しかし,このバゾプレシンをめぐっては,最近の優れた研究により新しい知見がつぎつぎと得られており,それを基盤とした臨床応用が展開されつつある.これらの研究成果の多くが今回の特集の執筆者自身の手によって行われた.この領域のわが国発の研究が国際的に高く評価されていることを読者の皆さんに知っていただくことも,本特集のひとつの目的でもある.
 今回の特集では“バゾプレシンと疾患”のテーマのもと,バゾプレシンに関する最新の基礎研究を解説した後,中枢性尿崩症については2013年のホットトピックスであるわが国にはじめて導入されたデスモプレシン経口製剤と,診断・治療に難渋してきたリンパ球性漏斗下垂体後葉炎の新規血液検査による診断ツールの開発,さらに病態が不明であった家族性中枢性尿崩症の発症機構の解析とその研究を通じて,神経変性疾患,糖尿病などの病態解明にも応用が期待される研究成果などを概説していただく.また,バゾプレシン不適切分泌症候群(SIADH)については臨床的にもっとも頻度の高い電解質異常である低ナトリウム血症の多様な病態を含めた最近の興味ある基礎的・臨床的知見と,その治療薬として臨床応用されているバゾプレシンV2受容体拮抗薬の現状と問題点を解説していただく.さらに,腎性尿崩症に関してはその病態の複雑性を解明するための鍵ともなる詳細な研究成果を紹介していただく.
 バゾプレシンの生体に対する生理的・病態的役割はかなり詳細に研究され,明らかになりつつあるが,その解析を進めるなかで,視床下部-下垂体後葉-腎系に限らず,他の組織・器官の分子生理機構と病態発生機序の理解をも深める流れが展開されつつあることを,本特集を通して体感していただければ幸いである.
目 次
バゾプレシンをめぐる基礎研究Update……橋本弘史・上田陽一 詳細
リンパ球性漏斗下垂体後葉炎の診断マーカー……椙村益久 詳細
バゾプレシン分泌過剰症(SIADH)の診断と治療……村瀬孝司 詳細
バゾプレシンV2受容体拮抗薬――水利尿不全におけるバゾプレシンの役割……石川三衛 詳細
デスモプレシン口腔内崩壊錠……有馬寛 詳細
腎性尿崩症の最新知見……佐々木成 詳細
家族性中枢性尿崩症――その病態生理とあらたな小胞体ストレス応答……森下啓明 詳細
TOPICS
【免疫学】
Mst1による胸腺細胞のインテグリン接着制御と選択機構……植田祥啓・木梨達雄 
【神経内科学】
片頭痛治療薬ナラトリプタンによる運動ニューロン変性の抑制……勝野雅央・他 
【皮膚科学】
天疱瘡と免疫グロブリン大量静注療法……山上淳・天谷雅行 
連載
【初学者のための医療経済学入門】
4.特定保健指導で医療費は削減できるのか……川渕孝一 
フォーラム
【パリから見えるこの世界】
22.デン・ハーグでエッシャーを発見,そしてスピノザの世界を想う……矢倉英隆 
書評
『がん・生殖医療─妊孕性温存の診療』(鈴木 直・竹原祐志 編,医歯薬出版 刊)……小西郁生 
『がん・生殖医療─妊孕性温存の診療』(鈴木 直・竹原祐志 編,医歯薬出版 刊)……中村清吾 
フォーラム
【社会の“痛み”を癒す――ケアの心理と病理】
4.乳幼児−親関係におけるケア――ケアを求めるサインを見誤らないために……北川恵 
【サバイバーの時代“地域におけるがん患者仲間同士の支えあい”】
7.沖縄から「チュタミィヤドゥータミィ」――人のためは我のため……与儀淑恵 
バゾプレシンと疾患
247巻6号 2013年11月9日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:924706
雑誌コード:20472-11/9
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はDigital e-hon
Digital e-hon
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2017 Ishiyaku Pub,Inc.