やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

4,752円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

臨床検査で遭遇する異常蛋白質
基礎から発見・解析法まで

定価 4,752円(本体 4,400円+税8%)
  • 総頁数:168頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2010年9月
  • ISBN978-4-263-22269-0
  • 注文コード:222690

内容紹介

●蛋白分析を行う時,異常データの有無にいかに気づくか,さらに異常があった場合その原因を突き止め臨床サイドへ情報を提供することは臨床検査技師の技術力にかかっている.本書は,蛋白質解析・電気泳動分析におけるエキスパートである著者の豊富な経験に基づき,分析の基礎から病態解析の進め方について解りやすくまとめた. ●基礎編では,免疫グロブリンを中心にヒト血清蛋白質の性状と異常蛋白質の分析法について詳細に解説.また,随所に用語解説や知識を整理するためのコラムを挿入した. ●実例編では,実際にはどのような考え方で異常データの謎解きを進めていくか,「検索のポイント」を掲げ具体的な方向性を示している.

目次

基礎編 発見のための基礎知識
第1章 血清蛋白質に関する基礎知識
第2章 血清蛋白質異常症の分析法
第3章 蛋白質の分離・精製法の基礎知識
実例編 異常データの謎解き
第1章 LDアノマリー
第2章 血清フルクトサミン測定に影響を及ぼすIgA型M蛋白
第3章 M蛋白量と免疫グロブリン濃度が乖離するIgA型M蛋白
第4章 血球算定に影響を及ぼすEDTAと反応するIgG型M蛋白
第5章 見逃されやすい異常蛋白質

書評

本書の書評をご覧いただけます!

Book Review (『Medical Technology』2011年1月号掲載 PDFファイル:約144KB)

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者略歴】
藤田清貴【ふじたきよたか】
 1974年 北里衛生科学専門学院卒業
 1974年 医療法人あけぼの会 花園病院 研究検査科科長
 1986年 自治医科大学 研究生(臨床病理学)
 1990年 秋田大学大学院医学研究科 研究生(法医学)
 1995年 博士(医学)(秋田大学)
 1999年 信州大学医療技術短期大学部 衛生技術学科助教授
 2002年 信州大学医学部保健学科 検査技術科学専攻助教授
 2002年 米国Scripps研究所へ文部科学省長期在外研究員として留学
 2006年 信州大学大学院 医学系研究科 病因・病態検査学領域准教授
 2009年 千葉科学大学 危機管理学部 医療危機管理学科教授
     千葉科学大学大学院 危機管理学研究科教授
     現在に至る
 所属学会(役職)
 日本電気泳動学会(理事),日本臨床化学会(評議員),日本臨床検査医学会(評議員),日本臨床検査学教育学会(評議員),日本臨床衛生検査技師会

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

藤田清貴 著