やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

4,104円(税込)
品切れ

生活を支援する 精神障害作業療法 急性期から地域実践まで

発行時参考価格 3,800円
  • 総頁数:268頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2007年2月
  • ISBN978-4-263-21302-5
  • 注文コード:213020

●急性期から始める作業療法の考え方と実際,退院支援のアプローチ方法等を詳解した好適書!

内容紹介

●厚労省は精神保健医療福祉の「入院医療中心から地域生活中心へ」という方針を打ち出し,日本の精神保健医療福祉はいま,大きな転換期を迎えている.これに伴い,これからの作業 療法士には,急性期介入から地域生活支援まで行う幅広い能力が求められている.
●こうした時代の要請に応えるため,精神保健医療福祉の動向をわかりやすくまとめ,早期退院の支援を目指して急性期から始める作業療法の考え方と実際,長期入院者の退院支 援のアプローチ方法と実際,地域生活支援の実際など,最新の情報と実践に役立つ内容で構 成されている.
●基礎教育における従来の精神障害作業療法のテキストに足りなかった部分を補完すると同時に,現場で活躍する臨床家のための最新の実践書としての性質を併せもつ,新しい時代の比類のない必読のテキストである.

目次


第1章 精神保健医療福祉の動向と作業療法士の役割
第2章 作業療法実践の基本的視点
第3章 急性期作業療法の考え方と実際
第4章 退院支援の考え方と実際
第5章 地域生活支援のあり方と実際
第6章 作業療法士が遭遇することの多い疾患の知識と対応の基本
資料
索引

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【編者略歴】
香山 明美【かやまあけみ】
 1959年 宮城県に生まれる
 1983年 国立仙台病院附属リハビリテーション学院卒業
 1983年 宮城県立名取病院勤務
 1997年 宮城県立名取病院社会復帰科作業療法係長
 2003年 宮城県立精神医療センター社会復帰科作業療法係長
 2005年 宮城県立精神医療センター社会復帰科主任主査・作業療法係長
 2006年 宮城県立精神医療センターリハビリテーション科長
小林 正義【こばやしまさよし】
 1960年 長野県に生まれる
 1986年 国立療養所東名古屋病院附属リハビリテーション学院卒業
 1986年 城西病院作業療法科勤務
 1987年 岐阜病院作業療法科勤務
 1991年 信州大学医療技術短期大学部助手
 1997年 信州大学医療技術短期大学部講師
 2002年 信州大学医学部保健学科助教授・作業療法学専攻
 2003年 信州大学大学院医学研究科修了(医学博士)
鶴見 隆彦【つるみたかひこ】
 1957年 高知県に生まれる
 1980年 国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院卒業
 1980年 川崎市リハビリテーション医療センター勤務
 1987年 大バンクーバー精神衛生機構(GVMHS)にて研修
 2003年 群馬大学大学院医学系研究科修士課程修了
 2004年 法務省横浜保護観察所社会復帰調整官

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

香山明美小林正義鶴見隆彦 編著/山根寛香田真希子楜澤直美北脇菊恵 著