Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

第16回日本口腔検査学会学術大会 開催される
11月4日(土)~5日(日),東京歯科大学(東京都千代田区)にて,「臨床検査の新たな挑戦と進化」をテーマに標記学会が開催された(大会長:山下秀一郎氏・東京歯科大).
特別講演1『検査に基づく補綴歯科治療介入の意思決定』(座長:山下秀一郎氏)では,河相安彦氏(日大松戸歯学部)が登壇.義歯を取り巻く歴史から,世界における無歯顎患者の現状を紹介し,補綴処置を必要とする患者の多様化と複雑化に伴う補綴歯科介入の意思決定の必要性を提起した.また自身の研究報告などを供覧しながら,意思決定の根拠となる検査が重要であると述べ,今後の補綴歯科界において検査と意思決定が期待される可能性を示した.
特別講演2『新技術の保険導入に向けた流れについて』(座長:石井良昌氏・海老名総合病院)では,田口円裕氏(東京歯科大)が登壇し,歯科医療に関わる公的医療保険制度の概要をはじめ,診療報酬改定の流れや新規医療技術・材料の保健導入プロセスなどを紹介.今後の歯科材料や歯科技術の発展が国民の健康に資すると述べた上で,保険導入には各学会の提案が重要とし,本学会に対しても今後様々な検査の保険適用に向けた積極的な提案を呼びかけた.
歯科衛生士セッション『口腔検査への歯科衛生士の関わり』では,「口腔検査への歯科衛生士の関わり」をテーマとし,ラウンドテーブルディスカッションが行われた.各グループで,様々な現場や領域で働く歯科衛生士らにより活発な議論が交わされ,患者の口腔と全身の健康に寄与する上で歯科衛生士も積極的に臨床検査に携わることの重要性が共有された.また臨床検査への関わりが,あらゆる場面における歯科衛生士の職能向上につながる可能性も示され,会場は大いに盛り上がった.

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2024年3月>
252627282912
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号