Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

Seattle Study Club of Japan 2021年7月プログラム 開催される
 7月14日(水),SSCJの主催する標記会がWEB開催された.
 初めに同会会員の岡 正信氏(和歌山県)が「The case acceptance skills of Dentistry」と題し,GPには広範な知識と技術が求められることから知識・技術全般の平均値を高めるために研鑽を積む重要性を指摘するとともに,患者の口腔内が現状に至った原因を推定し,適切な資料採取と診査診断によって“患者に受け入れられる歯科治療”を提供した実例を示した.
 同会新会長の筒井純也氏(大阪府)は「A strategy in the treatment of esthetic complication」と題し,前歯部の歯肉退縮を伴う審美障害に対するインプラント治療戦略として,Zucchelliの分類に基づく難易度分類やアクセスホールの位置の診断も重要になるとしたうえで,根面被覆術の実際やサブジンジバルカントゥアの付与など外科的・補綴的アプローチについても臨床例をもとに解説した.

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2021年9月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号