Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

臨床歯科を語る会オンライン特別企画 開催される
 7月4日(日),臨床歯科を語る会オンライン特別企画が,150名超の参加者のもと開催された.
 1981年の発足より40年の節目を迎え,歴代の実行委員長によるリレー形式で,同会のこれまでを振り返る講演が行われた.
 冒頭,現実行委員長である筒井純也氏(東京都)より,各時期に取り上げられた主要なプログラム内容とともに,歴代の実行委員長が紹介された.
 リレー講演のトップバッターの黒田昌彦氏(東京都)は,同会発足からの経緯を紹介.「臨床歯科」のネーミングに込められた思いと,同会が歯科界のなかで果たしてきた意義を解説.須貝昭弘氏(神奈川県)は,個別対応と経過観察を柱とし,患者に希望を持たせ続けられる歯科医師像を希求する役割を,本会の重要な位置づけとして活動の中心にしたことを強調.松井宏榮氏(神奈川県)は,任期中に取り組んださまざまな運営上の新しい取り組みを振り返り,特に東日本大震災の支援活動をめぐる同会の結束を改めて確認した.千葉英史氏(千葉県)は,会員の構成や興味関心が多様になる傾向のなか,任期を通して取り組めたことや課題を整理.なかでも,統計データが臨床をさらに深めていく可能性を提唱した.
 また,それぞれの時期の実行委員長を支えた実行委員によるコメントも苦労話,裏話と多岐にわたり,一例報告を軸として深夜まで膝をつき合わせて真摯に語り合うという同会のスタンスが,コロナ禍でのオンライン開催においても変わらず引き継がれていることが確認された.
 最後に金子一芳氏(東京都)による特別講演「Another Story」では,同会での活動にとどまらず,診療内外の風景を通して60年の歯科医師人生を振り返られた.気になることはすべて行うという姿勢は,そのまま臨床にも通ずるスタンスであることが参加者間で改めて共有された.

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2021年9月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号