Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

Denture Cafe 第5回 開催される
 5月22日(金),HILIFE DENTURE ACADEMY Online Salonが主催する標記ウェビナーが「世界のデジタルデンチャー最前線! ~第一部:デジタルデンチャーってなに?~」をテーマに開催された.
 冒頭,MCの松田謙一氏(大阪府)が米国補綴歯科学会の最新の用語集(GPT-9)に記載されたデジタルデンチャーの定義(一般的に,従来のプロセスの代わりにCAD,CAM,CAEを使用して自動化された可撤性全部床義歯を指す.可撤性部分床義歯もデジタルで製作されるであろう)を説明.
▲松田氏
 続いて竜 正大氏(東歯大)が従来の総義歯製作と比較したデジタルデンチャー製作の流れや,そのメリット(来院回数・チェアタイム・技工作業の削減,義歯の軽量化など)を述べ,DENTCAシステムを用いミリング法によって製作したデジタルデンチャー症例を供覧した.
▲竜氏
 次に金澤 学氏(医科歯科大)が,同大病院にて取り組んでいる,いわゆるクローズドシステムではなく現有のデジタルデバイスを用いてデジタルデンチャーを製作するワークフローと同大考案によるカスタマイズドディスクを用いたミリング義歯製作の工程を示すとともに,欧米で実用化されているデジタル全部床義歯のシステムを総覧した.
▲金澤氏

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2020年6月>
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号