Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

Dr.松丸の1枚の臨床写真から ONLINE LIVE 開催される
 4月30日(木),Web会議サービスのZoomを活用した標記ウェビナーが開催され,約450名の歯科医療従事者が視聴した(主催:Matsumaru Denture Works/松丸悠一氏・フリーランス総義歯臨床専門歯科医師).
 本ウェビナーの趣旨は,松丸氏が,山中佑介氏(愛知県)より提示された総義歯の上下印象写真をもとに,適切な印象採得を行うために必要な知識やテクニックについて“Web症例相談”の形をとって縦横無尽に語るというもの.
 松丸氏は冒頭,総義歯臨床における印象採得の要点として「被覆すべき印象範囲が採得されている」,「粘膜が適切に再現されている」,「辺縁封鎖が達成されている」の3点を示したうえで,印象体に解剖学的ランドマークを正しく含む必要性や,印象材の流れを観たうえでの口腔解剖も踏まえたトレーの設定などについて詳細に解説し,口腔内のあるべき姿をとらえることが印象採得の要点であると語った(配信協力:Lone Stars Project/杉田龍士郎氏).

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2020年6月>
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号